オルガンマンが行く|音楽のソムリエ

アクセスカウンタ

zoom RSS 母の日のプレゼントはいかがですか?

<<   作成日時 : 2008/04/16 10:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

来る5月11日の母の日にオルガンコンサートが開かれます。

毎年同じ時期に行われていますが、今年は全日本合唱コンクールで4年連続金賞を受賞している秋田北高校の合唱団が、オルガンと共にコダーイのアヴェ・マリアなどを披露してくださいます。

母の日ということで、今年は子供、家族などが作曲のきっかけとなった曲などを選んでみました。
演奏するのは、講座の修了生と私ですが、今年は聖霊短大を卒業した人たちが演奏いたします。
秋田で唯一音楽科を持った短大でしたが、時代の流れの中、来年で音楽科は幕をおろします。とても残念です。


Cnv0022.jpg
これがオルガンの演奏台!3段鍵盤は中規模、大ホールでは4段が普通です


プログラムはオルガンといえばバッハということで、最初と最後はバッハの曲にいたしました。その作品の中でも、今回はフランス、イタリアといった当時のラテン系諸国の音楽に影響を受けた作品を選んでみました。
バッハは一生涯ドイツから出ることはなかったのですが、音楽(楽譜)を通してこれら外国の曲を自分のものにすることができたのです。


Cnv0023.jpg
手鍵盤の下には足鍵盤が…こうして体は腰で支えるだけと相成るのです。ベンチからすべり落ちることもあります。本当に…


そして、今年はメシアン生誕100年の年。20世紀最大のフランスの作曲家のひとりであった彼の初期の作品、《天上の宴》はとても瞑想的な作品です。水滴が滴り落ちる音をイメージした『天国ってこんなところなのかなあ?』 なんて感じの曲です。

お次は、ジャン・アラン。 彼は有名なフランスのオルガニスト、マリークレール・アランのお兄さんです。
第二次大戦で若くして命を落としてしまったのですが、彼は独創的な作品を残しました。彼が作曲に使った自宅のハウス・オルガンは、現在スイスの田舎、ロマンモティエに修復されて置かれています。

今回は彼の作品の中でももっともよく演奏される《リタニ》をお聴きいただきますが、最初は冗談音楽として構想されたそうです。でも妹さんがアルプスで遭難し、一転して宗教的な意味合いの濃い曲になりました。終わることなく繰り返される神への祈り…この曲も同じモチーフが何度も何度も繰り返されていきます。


Cnv0024.jpg
これが演奏台横についているストップ、オルガンの多彩な音色はこの選択で生まれます。よく見ると楽器の名前が付いたりしています


そして、ラヴェルのピアノ連弾曲《マ・メール・ロワ》。ラヴェルによってバレー音楽としてオーケストラに編曲されていますが、もとは子供好きのラヴェルが知り合いの子供のために書きました。でも、やはり難しくて初演は別のもっと優秀な?子供によってされたそうです。

マ・メール・ロワとは、マザーグース(鵞鳥おばさん)のフランス語。5つの曲は『眠れる森の美女』や『美女と野獣』、『親指小僧』などの童話に基づいています。これらの童話、読んでみるとなんだかとても怖いです。『眠れる森の美女』なんて、結婚した王子の母が『人食い』で、王子の二人の子供を食べようとしたりする妙な展開を持つ版もあります。
でも、ラヴェルはちゃんと華やかなハッピーエンドでこの組曲を終わらせていますのでご安心を。(当然かな?)

美女と野獣の対話なども音楽で表現されていて、オルガンだと別の音色で弾けるのでよく聴き取れるかと思います。


Cnv0026.jpg
ストップが引き出されている音が鳴ります



ピアノの楽譜からこんな音が出てくるんだ!!!  っていう驚きを体感していただければうれしいなあ。
(でも、音作りは私の師匠の書き込みが大きなヒントになっていて、これがなかったら…やはり師匠は偉大です!Merci ,Lionel ! )


Cnv0025.jpg
鍵盤の下のボタンは、コンピュータを使って音を記憶させたり、呼び出したりする装置。これによって音の劇的な変化も簡単にできるようになりました


さて、お次はドイツの曲。リンクというバッハの弟子に習った作曲家の《きらきら星変奏曲》。
《きらきら星変奏曲》と言えば、モーツァルトのピアノ曲が思い浮かぶかと思いますが、これはオルガン用のお楽しみ?の曲。《きらきら星》は、もとはフランスの《ああ、お母さん聞いて》という流行歌で、娘がお母さんに恋を打ち明けるという内容のものです。それがモーツァルトの死後、イギリスの詩人の《きらきら星》の詩と結びつきました。
私は母親に自分の恋を打ち明けるなんてしなかったけれど、さて、みなさんはどうでしたでしょう?

こんな楽しい曲たちが登場するコンサート。是非、足を運んでみませんか。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
眠れる森の美女・・・コワッ!旦那さんのお母様が、まさーか人食いだとは・・思わないよな〜(汗)って事は、あの素敵男子も人食いの血を引いてるってことー?!物語こわし。せっかく、 ロマンティックにチューで目覚めたのになぁ☆
亀仙人、もう夢を抱くのやめようかなー。。
な〜んて〜。
11日楽しみです♪
亀仙人
URL
2008/04/17 11:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
母の日のプレゼントはいかがですか? オルガンマンが行く|音楽のソムリエ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる