オルガンマンが行く|音楽のソムリエ

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏休みの自由研究に、オルガン体験はいかが?

<<   作成日時 : 2012/07/01 17:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

またしても、ご無沙汰しておりました。

怒涛のような秋田でのスケジュールをこなしてまいりました。

椎名先生によるバロックオルガン音楽の講座には、講座受講生も含めて50人近くの方にお集まりいただきました。
レクチャーは専門的な内容になりすぎず、一般の人々にも理解可能な、また、オルガンの公開レッスンは専門的なレベルをある程度保ちつつ、という難しい課題を抱えての講座ですが、椎名先生の的確な進行で有意義な内容になったと自負しております。
次回10月19日(金)もどうぞお楽しみに!

また、29日のBCJ公演プレコンサートにも、たくさんの方々にお集まりいただきありがとうございました。BCJのチケットをお買い求めになられた方も多くいらっしゃり、カンタータについて語りながらオルガン曲&カンタータを弾く、というなかなかハードなプレコンサートを開いた苦労も報われたという感じです。アリアを歌っていただいた野尻弘子さんに、さまざまな方にお声をおかけいただいたため、合唱をやっている学生さんも足を運んでくださり、チケットをお買い求めくださいました。格安の学生券にコーヒー無料券まで付いてくるのでお得感もあったのかもしれません。若い人たちがこのような曲に興味を示していただけることは、とてもうれしいですし、そうでなければいけないと思います。

BCJのチケット&プレコンサート入場でコーヒー券を進呈!ということでしたが、コーヒー券は60枚出たそうです。小さなスペースの喫茶店ですので結構な数です。


ところで、8月9日(金)14:00から、アトリオン音楽ホールで夏休みのワークショップが開催されます。

今年は、オルガンのフルートやトランペット、オーボエといったストップと実際の楽器の聴き比べなどを通じてオルガンが管楽器の仲間であることを理解していただこうと思います。

フルートに岡田恵美子さん(フルート吹きで牧師さんです)をお迎えして、オルガンのフルートと本物のフルートで共演します。曲目はJ.L.Krebsのファンタジーハ長調。その他、G.Amyの3つのエチュードから第2番でさまざまなフルートの吹き方をご披露いただきます。オルガンでは、LigetiのVoluminaの最後を使って、空気を感じてもらう予定です。現代曲に、みんなびっくりしてしまうかしらん?

そして、第2部としてオルガンを体験していただきます。今年はカノン(森のくまさんを思い出してください。おっかけっこしてますよね!これをカノンと言います。)を親子、兄弟、お友達といったペアで経験していただく予定です。鍵盤楽器が弾けない人も、歌ったり、エア鍵盤で練習してから行いますのでどうぞご安心を!楽譜が読めて鍵盤を弾ける方には楽譜も用意しております。入場無料。

申込み、お問い合わせは、アトリオン事業部018-836-7803まで。



対象は小学校3,4年生以上ですが、それ以下のお子さまでもOKです。ただし、小学生以下のお子様は、父兄同伴の上客席で鑑賞していただくこととさせていただきます。

ステージで行う関係上50名(25組)という限定がありますが、カノン体験をされない場合は、ご自由に客席でお聴きいただけます。第2部に入る前にオルガン見学の時間も設けますので、オルガンの中身をごらんいただくことも可能です。

みなさんお気軽に夏休みのアトリオンに足をお運びくださいませ。


尚、大仙市在住の方は、大曲大川西根小学校で、8月6日にオルガン・ワークショップが開催されます。こちらもよろしくお願いいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
夏休みの自由研究に、オルガン体験はいかが? オルガンマンが行く|音楽のソムリエ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる