オルガンマンが行く|音楽のソムリエ

アクセスカウンタ

zoom RSS アトリオン音楽ホールと秋田市立千秋美術館、夏のワークショップのご案内

<<   作成日時 : 2013/06/21 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アトリオン音楽ホールでは毎年夏休みの子どもたちのオルガン・ワークショップを開催しています。

今年は、「オルガンはうたう♫」と題して、「歌」に着目しました。

「ことば」から「音楽」がどうやってできていくのか、ブレスとは何か、歌う時にはどうやって息をつかうのか、、
そして、同じ空気を使ってパイプを鳴らす楽器であるオルガンを弾くとき、どうすれば音楽的に歌わせられるのか、体をどうやって使うのか、、、

初めは誰もがカチカチに緊張して、なかなか声も自由に出せない、自由に楽器を操れない、、、
誰もが経験するこんなことも、ちょっとコツをつかむとスムーズにいくようになります。

それを歌ったり弾いたりして、楽しみながら体験していただこうという趣向です。

歌は長谷川留美子先生。オルガンはわたくし香取智子が担当します。
長谷川先生の歌も間近に「見る」ことができますよ。

日時;7月30日(火)13:30〜

対象は、基本的に小学校3年生以上。

参加は無料。先着50名。(ワークショップは舞台上で行われますので、客席には自由にお入りいただけます)

※オルガンで使う曲は、初心者からレベル別に用意してあります。

お問い合わせ、申込みはアトリオン事業部 018-836-7803まで

画像



ワークショップをもう一つ。

アトリオン一階にある秋田市立千秋美術館でも毎年ワークショップが行われています。
今年は、国文祭のプレイベントとして9月14日に行われる、ピアノ・オルガンフェスティバルと共同で行われます。

千秋美術館 夏の子どもワークショップ
音楽をきいて絵を描こう!〜「動物の謝肉祭」〜

1 内  容:
 様々な動物たちが登場する人気の管弦楽曲カミーユ・サン=サーンス作曲「動物の謝肉祭」を聞いてイメージした動物の姿を、複数人で1つの大きな画面を囲んで自由に描きます。
また、完成した作品は、9月14日にアトリオン音楽ホールで開催される国民文化祭秋田市合同プレイベント(ピアノとパイプオルガンによる「動物の謝肉祭」の演奏予定)会場において展示します。

2 講  師: 有福 一昭氏(公益財団法人児童育成協会こどもの城 事業本部)

3 日  時: 平成25年7月14日(日) 午後1時30分〜3時30分

4 場  所: 当館3階 講堂

5 対  象: 小学校3年生〜6年生 20名(受付先着順)

6 参 加 費: 無料

7 募  集: 6月24日(月)から電話にて受付開始
        TEL:018−836−7860
        募集人数に達した時点で、受付終了。

8 参加者への連絡:受付後、持ち物などのお知らせの文書を送付。

9 そ の 他: 問い合わせ先
〒010−0001 秋田市中通二丁目3−8(アトリオン)
秋田市立千秋美術館  担当:村田 梨沙、松尾ゆか
                 

写真は同様のワークショップの制作風景です

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アトリオン音楽ホールと秋田市立千秋美術館、夏のワークショップのご案内 オルガンマンが行く|音楽のソムリエ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる