オルガンマンが行く|音楽のソムリエ

アクセスカウンタ

zoom RSS パイプオルガン教室@大仙市立大川西根小学校

<<   作成日時 : 2013/11/29 11:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

12月20日に、大川西根小学校でクリスマス・コンサートがありますが、その前に在校生に向けての「パイプオルガン教室」をお願いされています。

今年は、同校の音楽教諭でもあった「秋田オルガンかわら版の会」の会長、倉橋先生がご尽力くださり、ちょっと素敵なアウトリーチ・コンサートになりそうです。

そのプログラムをご紹介します。


大仙市立大川西根小学校
パ イ プ オ ル ガ ン 教 室
場 所 : 音楽室           日 時 : 12月20日(金)10:20〜11:20
企画担当:秋田オルガンかわら版の会

☆オルガン独奏(香取智子) 

  J.S. バッハ     トッカータとフーガ ニ短調 BWV565 から、トッカータ

  J.S.バッハ     「目覚めよと、われらに呼ばわる物見らの声」 BWV645

☆チェロとオルガン演奏(内田佳宏、香取智子)

  J.S バッハ     無伴奏チェロ組曲 第1番 BWV1007より プレリュード

  サン=サーンス  祈り 作品158
           白鳥 組曲「動物の謝肉祭」より
           
☆オルガン独奏(香取智子)

  スタジオジブリから(さあ、何かな?お楽しみに)

  J.ラングレ   神の御子はこよいしも
            もろびとこぞりて
(オルガンのためのクリスマスキャロル・讃美歌より)

◇オルガンとチェロの楽器のお話

 オルガンは、低学年向きに、オルガンの音がでる仕組みについてお話しします。
3年生が楽器の認証式(4年生から弦楽器、管楽器を担当するための認証式)が終わったばかりですので、チェロをとおして弦楽器について楽器の取り扱い、自然な構え方、テールピンの長さなど基本的なことをアドバイスしていただき、児童の今後の意欲につなげます。

◇みんなで演奏会

デニーランデル  ラバースコンチェルト(6年生リコーダー、オルガン、チェロ)
  高橋武三     校 歌 (456年オーケストラ、123年歌唱、オルガン、チェロ)

  6年生の想いでの一コマになるように、ラバースコンチェルトをオルガン、チェロつきの伴 奏でリコーダー演奏。その後校歌をオルガン伴奏で歌います。



昨年の「パイプオルガン教室風景」
画像




ここ数年、秋田オルガンかわら版の会で「パイプ・オルガン教室」を行ってきましたが、企画する側だけでなく学校の希望を取り入れるためには、きちんとコミュニケーションを取らなければならないなぁと感じつつ、今回は倉橋先生がつなぎ役になってくださいました。積極的に「こういうことやりたい!」という声があがって、一緒に企画していければもっと面白いものができるなぁと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
パイプオルガン教室@大仙市立大川西根小学校 オルガンマンが行く|音楽のソムリエ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる