オルガンマンが行く|音楽のソムリエ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【第29回国民文化祭あきた2014 オルガンフェスティバル ご報告と御礼】

<<   作成日時 : 2014/11/04 00:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

11月1日、2日とオルガン・フェスティバルを無事に終えることができました。

 公開リハーサルとワークショップを中心とした1日は、200名ほどの方がホールを訪れ、オルガンのリハーサル風景を眺めてくださいました。オルガンという楽器からどうやって音を紡ぎだすのか、普段は見ることのできない作業を公開するというわがままを、出演者の方にご了解いただいての実現でした。LICはびきのの練習時にはテレビの取材も入り、その日のお昼にはニュースで流れたそうですが、土橋さんや私が客席や演奏台を大きな声を出しながら行ったり来たりする姿を、カメラは果たしてどう捉えたのでしょうか?

 ワークショップでは、あらかじめご希望をいただいた県内1名、県外4名の方に、即席のレジストレーションではありますが、アトリオンのケルン・オルガンを試奏していただきました。フランクのコラール第3番から、ブルーンスのプレリュード、クープランのミサ曲、バッハのメヌエットまで、異なる響きと異なる楽器をできるだけきちんとした形で体験していただきたいというこちらの思いに応えるように、皆さん練習を積まれて試奏に臨まれました。

 2日のコンサートは、前半がアトリオンの講座から育った人々による演奏とお話で日本のオルガンの歴史を1時間ほどで辿りました。演奏曲目のほとんどは演奏者自身による選択なので、演奏だけのプログラムとしてはあまりバランスの良いものではなかったと思いますが、お話と照明の効果でなんとか乗り切りました。そこに“本番に強い”子どもたちの歌声が加わり、ハプニングもありましたが何とか終了!

画像

 
 後半は、各地の公共ホールの講座の受講生、講師(オルガニスト)の熱演が繰り広げられました。皆さん秋田入りしてからも、教会、アトリオンの練習室などホール以外の場所でも熱心に練習されていました。アトリオンの練習室では腕組みをして受講生にレッスンする先生の姿も…
こちらは累計で500名を超える方が入場されました。また、いくつかの公共ホールのオルガン事業関係者の方たちにもお出でいただくことができました。

 
画像

 

アトリオンの地下イベント広場では、両日ともクラシック・オルガンを使ったミニコンサートやオルガンについての簡単なワークショップ、楽器体験などが行われました。そこに参加された方たちを、秋田県のマスコット・キャラクターのスギッチがエスカレータを使い、何度も4階音楽ホールまでご案内。ホール・ホワイエにはスタンプラリーの景品交換所が置かれ、草花から調味料、お酒、ボールペン、お菓子、温泉入浴券などなど1500点余りの景品は2日にはすべてなくなりました。中には、ホールに入らず景品だけをゲットされた強者もいたようですが、、、


 このフェスティバルの開催には、さまざまな方がさまざまな形でご尽力くださいました。

出演者は勿論のこと、着物の着付け、教会まで送り迎えしてくださった教会員の方たち、多くの企業の協賛を取り付けてくれた方、出演者へのお土産である特別栽培米の「あきたこまち」を、国文祭のラベルまで作って提供してくださった講座修了生のご両親。地下イベント広場、アトリオン・エントランスホールでさまざまなイベントに関わってくださった多くの人々。そして、オルガン講座の修了生の方々。本当はホールの中で音楽を目いっぱい楽しんでいただきたかったけれど、舞台、楽屋、受付と裏方として働いてくださいました。

それぞれがそれぞれのできることをする。FaceBookの「友達の友達」のように、知らない者同士の間に有機的なつながりが生まれ何かが出来上がる。今回はそんなフェスティバルだったと思います。

みなさん、本当にありがとうございました。そして、ここ数年をかけフェスティバルの企画、運営に携わったスタッフの方々、本当にお疲れ様でした。
この力が必ずや次の何かを生み出す原動力となるものと信じております。

そして、天国の羽川正先生、知識も経験もない若造たちのフェスティバル作りにご満足いただくことはできましたでしょうか?


画像


※写真はすべてリハーサル中の撮影です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【第29回国民文化祭あきた2014 オルガンフェスティバル ご報告と御礼】 オルガンマンが行く|音楽のソムリエ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる