オルガンマンが行く|音楽のソムリエ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『HYBRID Rhythm & Dance』@新国立劇場

<<   作成日時 : 2016/03/30 22:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

平山素子さんが演出、振付、出演されている『HYBRID Rhythm & Dance』(25日から27日まで)を観たくて久しぶりに新国へ。

バスク地方の伝統的な打楽器チャラパルタ(長さの異なる板状の石、あるいは厚い板を鍵盤打楽器のように並べ、2人の奏者が両手にすりこ木のような木撥を2本持ち、それを落として発音させる打楽器。一人が基本的なリズムを打ち、もう一方が合いの手を入れる)と、アイヌ民族のウポポ(唄)、そしてルーツの異なる5人のダンサーによる「ハイブリット」な舞台。チャラパルタの他、リードを持つバスクの角笛(アルボカ)を中心とした管楽器、ブズーキというリュート族の楽器、電子音も使用していました。

とにかく面白かったです。80分があっという間に過ぎました。

無機的な長い一本道のセットをさまざまに組み替え、その上下で繰り広げられるダンサーの有機的な動きに「生身」を感じ、「ダンスって人間なんだ、生き物なんだ」って妙な感心をしてしまいました。

また、チャラパルタのどこまでも拡がっていくような透明な響きとアイヌ語で歌われるウポポに、音楽が持っている原初的な力、音楽と自然が調和する世界を感じ、とても心地よかったです。

撮影も入っていたようですので、Eテレで放送されるかも

音楽・演奏:オレカTX
唄:床 絵美
ダンサー:OBA, 皆川まゆむ, 小尻健太, 鈴木竜, 西山友貴

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『HYBRID Rhythm & Dance』@新国立劇場 オルガンマンが行く|音楽のソムリエ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる