オルガンマンが行く|音楽のソムリエ

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋田で古楽

<<   作成日時 : 2016/09/16 11:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

9月9日、10日と2本のフラウト・トラヴェルソとバロックファゴットによるアンサンブルに通奏低音奏者として同行しました。

9日は大川西根小学校でのスクールコンサート&横手市かまくら館のコンサート。
小さく“2”と表記されただけだったので、二小節休みだから注意しなきゃ!と思っていましたが、本番で案の定一小節くって入ってしまいました(>_<)
スクールコンサートでは、本番直前にクラヴサン工房アダチの安達正浩さんにチェンバロのお話をお願いしたら、車からガチョウの羽を持ってきて、「フランスにいるときに食べちゃったガチョウの羽」と紹介。チェンバロは美味しいもの(ゼラチンなど)から出来ているから、煮ると美味しいスープが出来ると子どもたちに話しました。チェンバロを車に積んでいたら、子どもが近寄ってきて「ほんとにチェンバロ食べられるの?」と訊いてました(^O^)

10日はアトリオン・ミニコンサートホールでの公演。
リハーサルするたびに議論が交わされ音楽が進化していき、10日と11日は別物になっていました。コンティヌオの私も刺激的でスリリングでした。
また、普段一緒に活動していない人間が加わった場合、この方法はとても合理的に思えました。慣れるに従ってハードルを上げていくのであれば、アンサンブルに新しく加わっても無用な緊張は強いられずにすみます。また、アンサンブルにとっても新しいコンティヌオ奏者の力量を推し量りながら音楽を作り上げていけます。
コンティヌオ奏者を現地調達してきた彼らの編み出したアンサンブル法なのかもしれません。

マリオン、ベアトリス、富永さんの一行は、このあと東京、草津、静岡とツアーが続きます。

古楽に接する機会のない秋田の人々に息遣いの聞こえる音楽を楽しんでいただけたでしょうか?

画像



画像


安達正浩さん製作のクラヴサン。蒔絵もジャポニスムの様式に従って、安達さんが手がけたそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
秋田で古楽 オルガンマンが行く|音楽のソムリエ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる