オルガンマンが行く|音楽のソムリエ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【秋田地域オルガン情報10月】

<<   作成日時 : 2016/09/18 13:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2016年度オルガン講座、公開セミナーのお知らせです。

今年度は「楽譜」について考えてみたいと思います。

バッハの音楽は作者による「メモ」(自筆譜)、作者以外の人間による筆者譜、あるいは当時の出版譜により伝えられてきました。残された資料を探偵のように読み解いていく作業は音楽学の重要な分野であると同時に、「楽譜」を使い音楽を再現する私たちにも直接かかわる問題でもあります。
クラシック音楽に無くてはならない楽譜に焦点をあてた「楽譜のなぞ〜バッハのエディションをめぐって〜」.
どなたでも聴講いただけます。ご来場お待ちしております。

講師:椎名雄一郎(活水女子大学音楽学部准教授、東京藝術大学音楽学部非常勤講師)


第1回 バッハ時代の自筆譜、出版譜

10月14日(金)18:30 アトリオン音楽ホール 入場無料

・前奏曲 変ホ長調 BWV552/1
・前奏曲とフーガ ト長調 BWV541
・「これぞ聖なる十戒」BWV678 (クラヴィーア練習曲集第3巻より)
・主イエス・キリストよ,われらを顧みて BWV655 (ライプツィヒ・コラール集より)他

演奏:磯万里奈、植田恵津子、柏屋千秋、東海林美代子、中森恵美
  

第2回 19世紀以降の楽譜の歴史

12月9日(金)18:30 アトリオン音楽ホール 入場無料

・トッカータとフーガ 二短調 BWV565
・パッサカリア ハ短調 BWV582
・トリオ・ソナタ 変ホ長調 BWV525
・ただ尊き御神のままに BWV647(シュープラー・コラール集より)  
                     
演奏:加藤紅音、佐々木尚子、菅原彩乃、田代友美

(コーディネーター 香取智子)


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【秋田地域オルガン情報10月】 オルガンマンが行く|音楽のソムリエ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる