オルガンマンが行く|音楽のソムリエ

アクセスカウンタ

zoom RSS オルガン講座開講式のあと、 ワークショップをやりました。

<<   作成日時 : 2018/05/13 12:13  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

オルガン講座の開講式のあと、簡単なワークショップをしました。


今年度の公開講座のテーマに沿ったワークショップで、エスタンピーとジャヌカンの「鳥の歌」の一部を使い、それぞれの曲に相応しい表現を身体で創るというお題です。形式はロンド形式の最小単位にしました。


受講生の子どもさんも参加して、みんなでわいわいと和やかにやっていました。

最後にみなさんの発表をみて、楽譜をよく読む作業ができてはじめて表現が可能になるという、クラシック音楽ではごく当たり前のことが起きた現場だったと思いました。


ジャヌカンのグループでは託くんが抜群の初見力を発揮して、手鍵盤で上三声ペダルでバス声部を弾き、他のメンバーがソプラノとアルトのパートをうたい、続くカッコウともう1種類の鳥の囀ずりを使って自由創作する部分では、暗い森で鳥が囀ずりながら遊んでいる情景を即興し、そこに他のメンバー羽ばたきの音を加えました。


想像していた以上にとても楽しいワークショップでした!

画像



画像




画像



画像



画像



画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
オルガン講座開講式のあと、 ワークショップをやりました。 オルガンマンが行く|音楽のソムリエ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる