アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「社会」のブログ記事

みんなの「社会」ブログ


【秋田地域オルガン情報6月】

2017/04/03 19:06
はやいものでもう新年度。6月のレクチャー・コンサートのお知らせです。

オルガン・レクチャー・コンサート@アトリオン音楽ホール
美しさの裏がわ〜法律家がみた作曲家の人生〜

《ようこそ 美しさの裏がわの世界へ》

時代も、国も異なる環境で生きた 3 人の作曲家、J.S.バッハ、 F.リスト、L.ヴィエルヌ。
法律家のまなざしを通して彼らの人生を見つめると、私たちの生活につながるさまざまなものが現れてきます。
今、彼らが生きていたら、もっと幸せな人生を歩んでいただろうか、それともその反対?
そんな想像を巡らしながらオルガンの名曲をお聴きいただく、ちょっと新しいレクチャー・コンサート。
私たちを深く感動させる“美しさ”のうらがわには、一体どんな世界が広がっているのでしょうか?

弁護士の橋本尚子さんは、(公財)神奈川芸術文化財団でオルガン担当をされていた頃、神奈川県民ホールのパイプオルガン・プロムナード・コンサートでお世話になりました。当時、どうすればオルガンはもっと身近なものになるのか、本当に熱心に取り組んでいらっしゃったことを覚えています。

「法律と音楽?」 最初は皆さんきょとんとされましたが、内容をきいたオルガニストの大先輩が、「面白い!東京でもやって」「国有地もらった作曲はいないか。。。」なんておっしゃっていました。

作曲家たちの波乱万丈な人生を日本の法律でバッサリと斬ります。はてさて、どんなことになりますやら。


<日時>2017年6月3日(土)開演14:00(13:30開場/16:00終演予定)


<出演>
 橋本尚子(弁護士)
 香取智子(アトリオン音楽ホールオルガニスト)


<プログラム>
 D.ブクステフーデ:前奏曲、フーガとチャコーナ BuxWV137
 J.S.バッハ:「おお人よ、汝の罪の大いなるを嘆け」BWV622
       (オルガン小曲集より)
 J.S.バッハ:前奏曲とフーガ イ短調 BWV543
 L.ヴィエルヌ:「幻想小品集」より「鬼火」(第2巻 作品53-4)
 L.ヴィエルヌ:トリプティーク 作品58より
 M.デュリュフレ:前奏曲、アダージョと《来たれ、創り主なる聖霊》
         によるコラール変奏曲 作品4より
 F.リスト:バッハのカンタータ《泣き、嘆き、悲しみ、おののき》による変奏曲

<全席自由> 7日より発売
 一般前売¥1,000(当日¥1,500)
 学生  ¥500


画像



画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【ラ・バヤデール−幻の国】@KAAT(神奈川芸術劇場)

2016/07/04 09:27
Noismはりゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館)の専属舞踊団。
3日は、その劇的舞踊vol.3「ラ・バヤデール−幻の国」神奈川公演最終日でした。

Noismの芸術監督、金森穣さんが昨年夏、平田オリザさんに「何か書いていただけませんか」と依頼したところ、平田さんから古典バレエの脚色に興味があると言われ、カースト制(格差)、信仰(宗教)の問題が内在している「ラ・バヤデール」を提案されたそうです。

金森さんは、13年目を迎えたNoismは21世紀日本の社会において、如何に社会的問題提起をできるのか、劇場専属舞踊団の社会的存在意義はそこにあると考えていらっしゃいます。
SPAC(静岡県舞台芸術センター)に所属する奥野晃士、貴島豪、たきいみきの3名の俳優陣が加わった作品は、せりふ(言葉)により、傀儡国家であった満州国、そこでのアヘン製造を想起させるなど、原作の大胆な翻案がなされていました。

舞踊はL.ミンスクの「ラ・バヤデール」を主に、演劇には笠松泰洋さんの音楽が加わる形で物語が進んでいきました。あまり違和感はありませんでした。
井関佐和子さんのソロや中川賢さんとのパ・ドゥ・ドゥは、優雅で気品があり、トゥを履いているのではと錯覚するほどでした。

衣装はISSEY MIYAKE。美しかったです。
バートル(中川さん)のアヘンによる幻覚に現れたミラン(井関さん)が立ち去ろうとするとき、バートルがそれを引き留めようとしがみつくと、ミランの衣装がごっそりはぎ取られました。後姿でしたがミランは裸体となって暗転していきます。舞台には衣装だけが残り、それが幻覚であったことを象徴していました。「なるほど〜」と思わず頷いてしまいました。

客席の前後左右を見回すとISSEY MIYAKEを身にまとったした人、人、人。なるほど、こういう鑑賞の仕方もあるのですね。オペラにイブニング・ドレスを着用するのと同じようなものなのでしょうか?それともNoismはISSEY MIYAKEがドレスコードになっているのかしらん?

Bravo! の出た舞台でした。しかしながら、オケで生演奏だったらもっと良かった…なんて言わずもがなのことを言ってはいけませんですね。


画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


上野学園大学音楽研究センター ULM2015音楽をまなびほぐす

2016/04/28 17:15
昨年度、2回ほど参加させていただいた「音楽をまなびほぐす」の成果映像がアップされました。

さまざまな方たちとの触れ合いを通して、私も含めファシリテーションの現場で「凝り固まってしまう」「孤独に陥ってしまう」、そういうことから少しでも自由を取り戻し、生き生きとした音楽を実感、体感してもらえるように、今年もできるだけ参加したいと思います。

https://youtu.be/6LT6jMaAfVY
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


【おとなもこどもも考える ここはだれの場所 / オスカー・ニーマイヤ展@都現美】

2015/09/23 11:03
連休中に久しぶりに東京都現代美術館を訪ねた。

目的は「ここはだれの場所」。メルト・ダウンを始めた日本国を前に、「社会と現代美術、表現」の問題を考えてみたかった。というか、感じてみたかった。

この夏、撤去問題で揺れた「会田家」の「檄文」はすでにその内容を承知していたため、「ああ、これかぁ」という程度になってしまったが、隣で一生懸命「檄文」を読んでいた若いカップルは「何でこれが撤去の対象になるんだろう?」と不思議がっていた。さもありなむ。

「会田家」には、地球に住む人間たちのエゴ、ストレス、矛盾、社会問題etc.がアイロニーとユーモアの中に凝縮されている。深刻なテーマなのに暗くない。こういう表現が許されなくなるような硬直した世の中にはしたくない。なってほしくない。・・・・ついでながらwican千葉アートネットワークプロジェクトの学生さんも制作協力してます。

もうひとつは、ブラジリアの主要な建物の設計に携わったオスカー・ニーマイアの軌跡をたどる回顧展。こちらは、生み出す、創り出すエネルギーを存分に感じることができて気持ちが良い。とくにイビラプエラ公園の縮尺1/30模型はとても楽しい。

「ここはだれの場所」「オスカー・ニーマイヤ展」ともに10月12日まで

画像

−地球はだれのもの (ヨーガン・レール)
ヨーガン・レールは1971年から日本に住み1999年頃から石垣島に移住。昨年、事故で亡くなったドイツ人デザイナー。
沖縄の海岸に漂着するごみに心を痛め、それらを使い照明器具を制作。今回はその漂着物で作った作品を展示。鏡張りの展示室にごみが美しい照明になっていました。


画像

−会田家(会田誠、岡田裕子、会田寅次郎)
夏に作品撤去問題が持ち上がった「檄文」


画像

wican千葉アートネットワークプロジェクトの学生さんたちが岡田裕子さんと共同で制作した「NIPPONエデュケーションTV」

画像

wican得意の4輪可動屋台の上に学校が、、、


画像

イビラプエラ公園の縮尺1/30模型
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


忘れてはならないこと

2015/03/10 13:21
1945年3月10日東京大空襲、2011年3月11日東日本大震災。


昨夜、TBSテレビのドキュメンタリー「私の街も戦場だった」を観た。
私の母たち一家(職業軍人の祖父は単身で満州にいた)は親戚を頼り、戦中の一時期木更津に住んでいたことがある。そこには木更津海軍航空隊の基地があり、祖母はそこから飛び立つ若者たちの世話をしたと聞いている。ほとんどの者は戻ってこなかったそうだ。母たちも勤労動員で働いたそうだが、すでに作れるものもほとんどない状態だった。
ここはアメリカ軍による機銃掃射や焼夷弾による攻撃を受けた場所で、母からその怖さを子どもの頃から聞かされていた。海岸でアサリを掘る人たち(漁業者とのこと)めがけて、低空から容赦なく攻撃し亡くなった人もいたそうだ。パイロットの表情も見えるくらい低空で攻撃するそうで、最近まで母は機銃掃射の夢をよく見たと言っている。

このドキュメンタリーは、機銃掃射の戦果を示すため翼に付けられたガンカメラが映し出したカラー映像を中心に展開する。アメリカの公文書記録管理局にはこれらのフィルムが多く残されている。3名の日本人研究者(専門家ではない)が、フィルムを取り寄せ丹念に探っていくと、120以上の市町村が攻撃を受けていた。特にひどかったのは南九州で、アメリカ軍は無条件降伏をねらい九州南部から日本へ上陸する作戦だったそうだ。すべてのフィルムが残されているわけではないのだが、日本の特に太平洋沿岸がまるで日本地図に沿うかのように攻撃されていた。現在の福島第一原発のある場所は「磐城飛行場」で特攻隊基地だった。敷地内にはひっそりと『磐城飛行場跡記念碑』が建てられ、攻撃で亡くなった人々の名が刻まれている。
基地ばかりでなく軍用として重要な列車も激しい攻撃対象だった。高尾山のふもと「湯の花」トンネルで攻撃された下り中央線列車では、民間人が60名ほど亡くなった。番組はこの列車に乗り合わせた姉妹のドキュメンタリードラマを制作していた。この列車には筑摩書房創業者の古田晃も乗り合わせていたという。その時古田氏が目を通していた原稿、近くにいた人から吹き出した血が付着した「血染めの原稿用紙」は、塩尻市にある市立古田晁記念館に展示されている。
「湯の花トンネル」は現在も使用され、トンネル入り口には当時の攻撃の後がコンクリートで埋められ残されている。

取材班はこの攻撃に加わったパイロットを探し求め、アメリカへわたる。パイロットはすでに他界していたが、その息子は「父から戦争の話は出たことはなかった」と言う。しかし、パイロットは拠点のあった硫黄島から282枚もの手紙を妻に送っていた。日本の子どもを見れば自分の子どもと重なり、列車から逃げ出す人々が民間人だとわかると攻撃を続けることはできなかったと書き残している。
先のドキュメンタリードラマのモデルとなった、生き残った妹さんのことば「戦争は勝っても負けても悲しいことが起きていることでしょ」が重く響く。

番組ページ

http://www.tbs.co.jp/sengo70/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


会津農林高校の「水ヲクダサイ」

2013/01/22 11:20
林光さんが亡くなられてもう一年が過ぎました。

高校の音楽鑑賞で、会津農林高校の『水ヲクダサイ』を聴いたときの衝撃は、今でも忘れられません。『原爆小景』の作詞者、原 民喜は私の出身高校で英語の講師をしたこともあり、最後に身を投じた西荻窪駅はピアノのレッスンに通う最寄駅でした。

そんなこともあるためか、この曲は奥深い部分で私の音楽につながっているような気がします。当時の会津農林高校の合唱部の方たちは、今、福島をどんな思いで見つめていらっしゃるのでしょうか?


会津農林高校 『水ヲクダサイ』

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


フランクフルト空港事情

2012/08/20 13:28
数日前からtwitterやFBで話題に上っている、ブリュッセル在住の堀米ゆず子さんのグァルネリ(時価一億円とも)の問題。

http://www.rtbf.be/culture/musique/detail_le-violon-de-yusuko-horigome-saisi-par-la-douane-a-l-aeroport-de-francfort?id=7823325
フランス語

http://www.ebiharagermannet.com/modules/news/article.php?storyid=1733
日本語

トランジットで立ち寄ったフランクフルト空港での税関をめぐるトラブルに関する問題ですが、実は頻発しているということが分かってきました。(先日、ベルギー在住のピアニストの友達と会ったときに、ベルギーは東京からの直行便がないと言ってました。だから、堀米さんもトランジットでフランクフルトへ行ったのですね)

http://www.tokyo.diplo.de/Vertretung/tokyo/ja/01__RK/Zoll/Zolleinfuhr.html
ドイツ大使館

http://www.lu.emb-japan.go.jp/japanese/ryoji/oshirase/frankfurt.htm
在ルクセンブルク日本大使館



これは楽器だけの問題ではないので、みなさん気を付けましょう!

追伸 楽器が戻ってきた堀米さんのコメントです。

http://www.hirasaoffice06.com/files/strings8horigome2.htm

記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


真実とは何か

2012/07/07 00:33
今まで、あの事故について人と話すことはあっても書くことはしなかった。

私は、スイス滞在中にチェルノブイリ原発事故を体験していた。しばらくの間、缶詰を食べ生野菜から遠ざかる生活を続けた。放射性物質を含む雲が上空にあるから注意せよ、なんてこともあった。日本領事館からの手紙には、細かい日常生活の注意事項が書かれていた…

だから、フクシマの事故のあと、のほほんとしているこの国に妙な違和感をずっと覚えていた。大飯原発が再稼働した。官邸前の金曜日のデモはフツウの人々で大きくなっていく…

FBでシェアしようかとも思ったが、こちらに埋め込みます。


フクシマ−最悪事故の陰に潜む真実 投稿者 IAppealToYou


さようなら原発1000万人アクション

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


石巻・門脇町、南浜地区

2012/05/01 15:27
昨日、石巻・門脇町、南浜地区を訪れました。「東北へ行こう!2012」のバス・ツアーです。

当初は、日和山公園から被災地を一望する予定でしたが、桜が見ごろを迎え混雑が予想されたので、急きょ被災地の真ん中に降り立つことになりました。
目の前に焼けた市立門脇(かどのわき)小学校がありました。ここの児童たちは、学校裏の日和山公園に避難し無事でした。海岸からおよそ800メートル。津波で流された車のガソリンが引火し炎の海となりました。

このツアーには遊楽館の館長さんと音楽(オルガン)を担当している市川さんが同乗され、石巻の当時の様子をお話しくださいました。ご遺体の身元確認のお話などなど、実際に関わられた方のみが語りえるものでした。

被災地は広く、遠くにガレキ(自分たちが大切にしてきた物を“がれき”と言わないでほしいとおっしゃていました)が積み上げられていました。機能を失った市立石巻病院がまるで要塞のように立ち、ところどころに残った家々が点在していました。信号機のための電柱と、信号機だけが敷設され、そこはまるで時間の止まった空間でした。

それでも、門脇小学校の子どもたちは未来に向かって生きています。同じ時間を生きる私たちが、子どもたちをどう支えていけるのか、重い課題を突きつけられたように感じました。

http://miyaginet.ic-blog.jp/movie/
「3月11日を生きて〜石巻・門脇小・人びと・ことば」

写真を撮ることにためらいを感じましたが、忘れてはならないこと、と写真を残す決心をしました。

画像
                   石巻、南浜地区

画像
                   市立石巻病院を遠くに臨む

画像
                   市立門脇小学校

画像
                    日和山公園
       まるで人々を優しく癒すかのように桜が咲いていました

画像
      鯨の缶詰を発売している木の屋石巻水産の大きな宣伝用の缶詰
この周辺は花壇を整備するボランティアさんたちによってパンジーなどが植えられていました。昨日もボランティアさんたちが活動されているのが車窓から見えました。    木の屋石巻水産http://kinoya.co.jp/eccube/

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


あなたは昆虫を食せますか?

2012/04/21 11:38
ロイターの記事にこんなのがありました。

《オランダで「昆虫料理本」出版、人口増加に備えたタンパク質源に》
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE83H02D20120418/

要するに、昆虫をタンパク質として皆さん食しましょう!という料理本が発行されたということ。

日本では、人口減少、少子高齢化と減る一方の問題がクローズアップされていますが、世界は人口爆発の問題を抱え、食料問題が現前にある、のは知っています。が、しかし…

かわいらしケーキの写真も載っているのですが…テントウムシやチョウを模ったデコレーション、クリームの上には一見チョコスプレー、しかしよ〜く見ると何かの小さな幼虫???がトッピングされています。

思わず、日本は人口が減っているのだから昆虫を食さなくても大丈夫だよね???などと呟くオルガンマンなのでした。

画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
東北へ行こう!2012
東北へ行こう!2012 3月に入りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/14 13:54
石巻市 遊楽館のオルガン
あの震災から間もなく一年。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/28 13:08
ついに始まる!東京圏の人口減
ついに始まる!東京圏の人口減 本日の朝日新聞、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/09 14:15
新しい年が始まりました
新しい年が始まりました みなさま、新しい年を迎えいかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/05 11:04
あいかわらずの日本国 〜けなげなゴーヤ その2〜
あいかわらずの日本国 〜けなげなゴーヤ その2〜 メルトダウンしていたから始まって、海水注入をやめたのやめないの、 日本国は今になってあきれるほどの迷走ぶり。 その間にも海洋汚染はすすみ、土壌汚染の不安は家庭で独自に放射線量の測定を始めるお母さんたちの姿を報道する。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/05/28 12:10
いわき  アート グラウンド0
いわきアリオスは、東北でも有数の活発な活動を展開している公共ホールです。現在、一切の活動を停止し、避難所となっています。被災、風評被害など様々な困難をかかえるいわき市で、明日下記のようなシンポジウムが開催されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/20 13:34
神様はいずこに
神様はいずこに 日曜日、受難週を迎えた教会でのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/18 21:36
音楽に何ができるのか?
音楽に何ができるのか? 未曾有の災害で被災された人々に、さまざまな分野から支援がなされています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/15 22:33
大震災お見舞い申し上げます
 この度の広範囲の大震災、アトリオン音楽ホールはオルガンも含めて無事でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/18 16:55
今年もお世話になりましたm(_ _)m
 今年もお世話になりましたm(_ _)m 目の前の仕事や雑事に追われ、気づいたらもうクリスマス… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/24 09:16
小さなコックさん
 小さなコックさん 東北地方は梅雨明けもなく、立秋を過ぎました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/12 09:02
こどもの成績、親次第? 続編
映画館のレディースデーを利用して、『天使と悪魔』を見てきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/04 09:37
こどもの成績、親次第?
先日、お茶の水女子大学とベネッセ教育研究開発センターによる家庭環境とこどもの成績に関する調査の結果が、朝日新聞などのメディアで報道されていました。(詳細は教育格差の発生・解消に関する調査研究報告書) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/02 10:11
Merry Christmas !!
気が付けば、もう年の瀬。師走ということばは、本当にこの時期をうまく表現していますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/12/23 15:06
懐かしの立川に行きました
先日、国立音楽大学の附属図書館に行きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/08 09:28
オルガニスト、今度は食糧問題を考える
最近、夕餉の食卓になぜかポトフやブイヤベースが並んでしまいます。 ポトフは塩漬けの豚肉作りから始まる本格的なものですが、ブイヤベースは市販のfumet de poisson(魚のだし)を使う手抜きをします。(さかなを扱うのが結構苦手なのです!) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/03/04 09:19
古墳団地は、現代の高野山?
 古墳団地は、現代の高野山? 先日、仕事で河内に行きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/13 10:00

トップへ | みんなの「社会」ブログ

オルガンマンが行く|音楽のソムリエ 社会のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる