オルガニスト、山に登る

19日からの三連休初日、秋田駒ケ岳に登りました。


八合目まではバス。そこから阿弥陀池⇒横岳⇒大焼砂⇒ムーミン谷というコースです。
中高年の登山ブームとは聞いていましたが、まさににその言葉どおりでした。

頭のてっぺんから足先までビシッと決め、仲間たちとバスを待つ元気な中高年登山者たち。
「あそこの縦走にアイゼンはいらないな!」などと会話が飛び交うさまに、真新しいトレッキングシューズを履いた足下以外、まったく山とは縁のない恰好のわたしは、若干恐れおののいたのでありました…


阿弥陀池に到着した時、ガスで周囲が見渡せない状況でした。
「ここに池があるんだよ」と、同行してくれた梅ちゃんが話してくれたところ、突然ガスが晴れました。すると背後で、「おーっ、本当に池があるんだ!!」と男性の声。あまりの素直な言葉に、二人して思わず噴き出してしまいました。


そこから横岳⇒大焼砂へ。
コマクサで有名な大焼砂は、強い風が吹いていました。懸命に斜面にしがみつくように花を咲かせるコマクサはとてもいじらしかったです。

秋田駒ケ岳


その後ムーミン谷に降り、お昼の準備をしていたところ(梅ちゃんが)、地面がゆらゆらと揺れました。
地震です…すわっ、がけ崩れ…思わず周囲を見回してしまいました。
ムーミン谷はチングルマの群生地ですが、ほとんどの花は終わり花穂の状態でした。風に揺れる花穂は、とても可憐でした。

秋田駒ケ岳



秋田駒ケ岳
チングルマの花穂

秋田駒ケ岳
チングルマの花穂の群生に、所々エゾツツジが顔を覗かせています

秋田駒ケ岳
チングルマの花




コッヘルとコンロを担いで登ってくれた梅ちゃんのおかげで、温かいコーヒーをいただいて、さあ、出発。

「降りたものは、登らなければならない!」という彼女の言葉どおり、今回もっとも難所となる登りです。蒸し暑くて大変でしたが、なんとかクリア。その後、阿弥陀池まで戻ると、行きには気づかなかった見事なニッコウキスゲの群生が目に飛び込んできました。

秋田駒ケ岳

秋田駒ケ岳


3週間連続で、秋田駒ケ岳に登った梅ちゃん。登るたびに違う花が開花し変化を見せる山に感心しきりでした。

帰り際、田沢湖の入り口にある『山のはちみつ屋』へ寄りました。駐車場に止めてあった日本各地の車のナンバーに、「この小さなはちみつ専門店はなんと有名になったものだなァ」と、こちらは私が感心したのでありました。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

亀仙人
2011年04月01日 08:39
ムシムシな日々ですが、皆さんいかがお過ごしですか~(・。・)
少し歩いて止まると、毛穴全開で汗だらー!
でも
高山植物の写真を見たら、一気に涼しくなりました♪秋田駒、小学生の時に登ったらしいのですが、亀仙人の記憶が・・・ない!
こんなに可愛い花が咲いているなんて☆☆
おにぎり持っていっきたーいなぁ(影響されやすい亀仙人)
ムーミン谷の写真、ほんとに、ムーミンが出てきそうな雰囲気ですね。スナフキン似のオッサンとかいたりしてー(笑)
何十年後も、果たしてこの風景は変わらずにあるのかなー。あることを願います。まじで。
家帰ったらまず、エアコンの温度2度上げよう。

この記事へのトラックバック