オルガンマンが行く|音楽のソムリエ

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年もお世話になりました

<<   作成日時 : 2018/12/31 20:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年ももうあと少し。

ドラマティックに色々ありましたが、強く印象に残ったのはKYOTO EXPERIMENT 2018の手塚夏子さん、ヴェヌーリ・ペレラ(スリランカ)さん、ソ・ヨンラン(韓国)さんと結成したユニット「Floating Bottle」の『Dive into the point 点にダイブする』に参加したことでした。

「だるまさんがころんだ」がだんだん変化しアトランダムにタスキを渡され、色によって分類された「チーム」になって間もなく、私はゲームから降りました。靴擦れのひどい状態を皮膚科で治療したばかりで、あまり足に負担をかけたくなかったからです。その時、私は同じチームの人に申し訳ないという気持ちがおこりました。まったく見ず知らずの人々なのにもかかわらず。

そして、目の前の人々が懸命にゲームに参加しているのを眺めながら、これが「弱者」なんだと感じました。なので、京都芸術センター通信2019年1月号のレビューにとても共感しています。手塚さんにフィードバックを送ることはできませんでしたが、非常に貴重なそして不快な体験でした。

ところで、私は2019年3月で、アトリオンを卒業することになりました。演劇、ダンス、能、詩、アートetc.たくさんの方にお世話になり、オルガンとの新たな関係を模索してきました。国民文化祭ではオルガン講座を持つ全国のホールから、講師と受講生の方に参加していただき交流することもできました。
さまざまな貴重な経験をもとに、今後はもっと「人に近い」ところで活動できたらと新たなプロジェクトをいくつか考えております。

どうなるのかは未知数ですが、少しずつ前を向いて進んでいければと思っています。
今後ともどうかよろしくご支援をお願いいたします。

みなさま、どうぞよいお年をお迎えください。

京都芸術センター通信   http://www.kac.or.jp/24866/

アートスケープ レビュー
http://artscape.jp/report/review/10150984_1735.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今年もお世話になりました オルガンマンが行く|音楽のソムリエ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる