オルガンマンが行く|音楽のソムリエ

アクセスカウンタ

zoom RSS チェンバロ到着

<<   作成日時 : 2019/05/05 20:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

安達正浩氏製作

ルッカースタイプ フレミッシュ ラヴァマン
二段鍵盤チェンバロ
GG-e3 8’×8’×4’ 396Hz-415Hz-440Hz 可変ピッチ


装飾は角館出身の平福百穂(1877−1933)へのオマージュとしてデザインされました。

側面は百穂タッチのアサガオにカタツムリとカエル。
蓋の内側は横手市の花「サクラ」を、百穂の桜と月で装飾しています。
楽器全体は柿右衛門磁器風の濁手白で背景を塗装。
デザインアイデア安達正浩氏、デザイン画家 宮野裕子氏


可愛らしい外見からは想像できないほど、しっかりした響きを持つ楽器です。

画像



画像



画像



画像



画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
チェンバロ到着 オルガンマンが行く|音楽のソムリエ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる