テーマ:仲間たち

「バロック音楽ひろめ隊」に名称を変更しました

「ふるさとにバロック音楽をひろめ隊」は、クラウドファンディングの成立をもって、「バロック音楽ひろめ隊」 独語名Verein der Liebhaber der Barockmusik(VLBM)と名称を変更いたしました。 開かれた持続可能な組織を目指していきたいと考えています。 これからもよろしくお願いいたします。

続きを読むread more

チェンバロのお披露目

新しいチェンバロのお披露目コンサートが無事に終了しました。 少ないスタッフのもとクラウドファンディングで手一杯で、コンサートの広報まで手が回らなかったということもあり、秋田公演はほぼCFご支援者の方へのコンサートとなりました。けれど、新たなチェンバロの姿と音色を披露することができ、今はほっと一息といったところです。 これから…

続きを読むread more

チェンバロ到着

安達正浩氏製作 ルッカースタイプ フレミッシュ ラヴァマン 二段鍵盤チェンバロ GG-e3 8’×8’×4’ 396Hz-415Hz-440Hz 可変ピッチ 装飾は角館出身の平福百穂(1877-1933)へのオマージュとしてデザインされました。 側面は百穂タッチのアサガオにカタツムリとカエル。 蓋の内側は…

続きを読むread more

チェンバロがやってくる!

チェンバロは名古屋を出発して、明日夕刻、横手に到着する予定になっています😊 お披露目コンサートは 5月9日18:30横手市かまくら館  5月10日18:30秋田市アトリオンミニコンサートホール プログラムにはフレスコバルディのトッカータやラモーの小品など、チェンバロのソロの曲も入っています。 是非足…

続きを読むread more

CFのプロジェクトは成立いたしました

3月29日午後11時、「本場の音楽を子ども達に。秋田県横手市にチェンバロを届けたい!」のクラウドファンディングが成立いたしました。 ご支援本当にありがとうございました。 考えれば「ふるさとにバロック音楽をひろめ隊」の代表 冨永芳憲はザルツブルク、副代表は千葉、事務局の佐々木憲子とお手伝いいただいた佐藤郁子のみが横手と湯沢とい…

続きを読むread more

バロック音楽の愉しみ~チェンバロお披露目コンサート~

クラウドファンディングによる新しいチェンバロのお披露目コンサートです。 2本のフラウト・トラヴェルソ、バロック・ファゴット、チェンバロによるアンサンブル、ソロとさまざまな楽曲でバロック音楽をお楽しみいただくプログラムを予定しています。 尚、このコンサートは横手市の他、5月10日に秋田市でも開催予定となっております。こちらも予…

続きを読むread more

プロジェクトの達成に深く感謝いたします

多くの方の温かいご支援、ご協力を得て2019年3月25日、プロジェクト達成の日を迎えることができました。 「ふるさとにバロック音楽をひろめ隊」スタッフ一同、感謝の気持ちでいっぱいです。 しかし、ここからが本当の歩み出しです。 このプロジェクトを進めていくうちに「新たな公共」ということばが脳裏をよぎりました。個人の所有するもの…

続きを読むread more

達成まであとわずか

CF残り7日 あとほんの少しで達成いたいます。 最後までご支援、ご声援よろしくお願いいたします。 だんだと責任の重さを感じると同時に、わくわくした愉しみも感じてきました。 https://readyfor.jp/projects/cembalo

続きを読むread more

ウルビチャの日曜日

CFも残り9日となりました。あと一息です。引き続きご支援、ご声援よろしくお願いいたします。 https://readyfor.jp/projects/cembalo 代表からのレポートです ウルビチャ村滞在5日目は日曜日。ファゴットの先生の案内で「リオ・ブランコ(白い川)」と隣村「ヤグアルー」への散策で…

続きを読むread more

新着情報:代表、ウルビチャ村へ入る

代表がボリビア、ウルビチャ村に入り2日目。 ヴァイオリンを弾くのは、ここの音楽学校のファゴット教師の娘さん、アツミちゃん。ヨーロッパから持参した支援の楽器を手にする子ども達。出会う人々はみな人懐こい素敵な笑顔。音楽学校の広い敷地には織物の専門学校も。 慣れない環境、スペイン語に戸惑いながらも頑張っているようです! 詳し…

続きを読むread more

バロック音楽の愉しみ~チェンバロお披露目コンサート~優先予約のお知らせ

新しいチェンバロのお披露目コンサートです。2本のフラウト・トラヴェルソ、バロック・ファゴット、チェンバロによるアンサンブル、ソロとさまざまな楽曲でバロック音楽をお楽しみいただくプログラムを予定しています。 このコンサートはクラウドファンディング成立後に開催が決まりますので、3月29日まではチケットの優先予約受付けのみとなります。開…

続きを読むread more

残りは目標の3分の1となりました。ありがとうございます

3月5日、秋田魁新報に代表の記事が掲載されました。有料記事かもしかもしれませんが、URLを貼り付けておきます。 また、クラウドファンディングは70%を超えました。あと一息、頑張りますので、みなさまもご支援よろしくお願いいたします。 https://www.sakigake.jp/news/article/20190305…

続きを読むread more

未来への投資

新着情報 代表がボリビアのウルビチャ村でなぜオーケストラなのか 「ふるさとにバロック音楽をひろめ隊」代表の冨永は、3月10日から3週間ほど支援物資とファゴットを携えてボリビアのウルビチャ村に入ります。グアライヨ族の18人の青少年たちにファゴットを指導するためです。水道はほぼ完備しているけれど電気は点いたり消えたりの状態で、…

続きを読むread more

号外!AKT秋田テレビでニュースになりました

2月26日に放送された「プライムニュースあきた」で「ひろめ隊」代表と副代表のインタビュー、チェンバロが紹介されました。(今回購入するものではありません。) 2,3日はネットでも閲覧可能だそうなので、URLを貼り付けます どうぞご覧ください。  http://www.akt.co.jp/news?sel=20190226_1

続きを読むread more

本日折り返し地点に到達いたしました。-クラウドファンディング

みなさまの温かいご支援により、本日折り返し地点に到達することができました。本当にありがとうございます。 「ふるさとにバロック音楽をひろめ隊」一同、地域の人々と共にありながら考え、議論し、実践するチェンバロから始まる文化のプラットフォームを形成できるよう、一層身を引き締めてまいります。 さらなるご支援、ご声援をよろしく願い…

続きを読むread more

クラウドの開始から15日が経ちました

クラウドファンディンの開始から15日間が経とうとしています。皆様の温かいご支援に心より感謝しております。慣れない作業にスタッフも右往左往しながらではありますが、なんとか力を合わせてここまでたどり着きました。引き続きご支援、ご声援、よろしくお願いいたします。 ご支援を希望されてもネットは苦手という方には、代理購入をおすすめしておりま…

続きを読むread more

ご支援ありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします。

「本場の音楽を子ども達に。秋田県横手市にチェンバロを届けたい!」が公開され早や6日。 多くのご支援、ご声援をありがとうございます。引き続きご支援よろしくお願いいたします。 代表;冨永芳憲 スタッフ一同 ※ Readyforのページの「お気に入りに追加する」に登録していただくと、新着情報のお知らせが届きます。今回はフロン…

続きを読むread more

またまた人生初!クラウドファンディング

2月1日12時 「ふるさとにバロック音楽をひろめ隊」が「本場の音楽を子ども達に。秋田県横手市にチェンバロを届けたい!」というチェンバロ・プロジェクトのクラウドファンディングが公開されます。 ご理解、ご支援をよろしくお願いいたします。 検索は「レディーフォー 横手 チェンバロ」から URLは http://readyfor…

続きを読むread more

託くん親子がギャラリーにやってきました!

6日の午前中、卓くん親子が写真展に来てくださいました。5日に秋田から9時間かけてドライブ!  ギャラりをあとにして再び秋田に戻りました。 午後は、ギャラリーで店番。 午前中は人の出入りが多かったのですが、午後は落ち着きました。 キャプションの書かれたペーパーをお渡しするも、ほとんどの方がすぐに作品に向き合っていました…

続きを読むread more

人生初の写真展; 「アーティストと展示をつくる」写真展 「みつける、とらえる」

クリスマス礼拝のあと、「千葉市民ギャラリー・いなげ」に飛んで行って、人生初のマット装、額装、作品の展示作業をやりました。講評の授業の半分は出席できず、講師の白井綾先生にデータをお送りして講評していただくというイレギュラーな形で対応していただきました。 学生さんや他の社会人の方たちの状況もわからず、「一体何を撮ったらよいのやら? 私は一…

続きを読むread more

軽井沢コルネのクリスマスコンサート

昨日は北陸新幹線の停電事故で、首都圏から新幹線で来る予定のオルガン講座修了生の方たちが東京駅で断念されたりと、ちょっと残念なこともありましたが、多くの地元の方々に支えられた、楽しいアットホームな軽井沢コルネのクリスマス・コンサートになりました。オーナーがお声掛けをしたら、近くの修道会のシスターも5人ほどお見えになりました。 ラング…

続きを読むread more

【12月秋田地域オルガン情報】

椎名雄一郎先生による公開セミナー 踊り~リズム~からみた鍵盤音楽 舞曲が鍵盤音楽に与えた影響を椎名先生のお話と演奏でたどります。 12月14日(金)18:30より アトリオン音楽ホール 一般聴講料:500円 演奏: 門間 託   エスタンピー 金谷千久紗  女王陛下のアルマンド     (フィッツウィリアム…

続きを読むread more

【11月秋田地域オルガン情報】

オルガンコンサート@大仙市立大川西根小学校 11月18日(日)13:30開演 この3月に亡くなられた高橋司元大曲市長に捧げるコンサート。シューベルトなどドイツ音楽がお好きで、市長時代にオルガン導入を決断された方です。 【大川西根小学校と音楽の関わり】(オルガンはいからさん@大川西根小 資料より) 大曲の“盲腸”と呼ばれた…

続きを読むread more

【10月秋田地域オルガン情報その2】

秋田桜教会が創立30周年をむかえ、今井奈緒子さんによるコンサートが開かれます。 秋田桜教会のオルガンは今井さんが所有されていたハウス・オルガンを移設したものです。オルガンの音色も教会にすっかり馴染みました。今井さんの演奏は久しぶり。どうぞみなさま円熟味の増した今井さんの演奏をお楽しみください。 ◆秋田桜教会創立30周年記…

続きを読むread more

かわら版クープラン合宿@軽井沢コルネ

9/8. 9/9 クープラン生誕350年にクープラン合宿。 OffertoireやTierce en Tailleを抜き出して弾くことはあっても、ミサ曲全体を典礼との関係を絡めて眺める機会はなかなかありません。そこで生誕350年に「教区のミサ」をじっくりと集中的に扱いました。 最初は繊細なタッチの楽器や馴染みのないフランス古…

続きを読むread more

【秋田オルガン情報10月】

アトリオン音楽ホール 公開セミナー 「歌からみた鍵盤音楽、踊りからみた鍵盤音楽」 古来、人はさまざまなシーンで歌い、踊ってきました。音楽を構成する2つの要素「旋律」と「リズム」に焦点をあて、中世から現代までの鍵盤音楽を眺めます。 講師:椎名雄一郎 日時:10月4日(木)18:30 於:アトリオン音楽ホール 聴…

続きを読むread more

大川西根小での創作ワークショップご報告

30日は大川西根小学校での創作ワークでした。 外は35℃にもなる日に「春」を考えるというなかなかに「すさまじきもの」でした。(ちなみに音楽室はエアコンあります) 「春」をめぐって思いつくものをあげ、各班が「目を覚ます春」「春は育つ」「一年生がやってきた」といったテーマを決め、そこからさらに物語を紡ぎ出し、それを「音」にするという…

続きを読むread more

アトリオンでのワークショップご報告

昨日は、アトリオンでのワークショップでした。 今年は、オルガンの仕組みを科学的!に眺め、対話型鑑賞を応用して同じ音楽が音を変えるとどう変わるのかを感じ、最後に好きな曲を弾いてみました。 2種のストロー笛の工作では、音が鳴らないのが悔しくて泣きだす男の子もいました。 ストロー笛からパイプの長さと音高の関係、フルー管とリード管の音…

続きを読むread more

コープマンさんの公開講座がありました。

7日は、コープマンさんのリサイタルでした。 午前は講座修了生で地元の短大でオルガン専攻を卒業した2名の公開レッスンがありました。 田代友美さんがクラヴィーア練習曲集第3部の前奏曲Es-dur BWV552/1、 佐々木尚子さんがクラヴィーア練習曲集第3部のVater unser BWV682というプログラムです。 コープマ…

続きを読むread more