テーマ:環境問題

真実とは何か

今まで、あの事故について人と話すことはあっても書くことはしなかった。 私は、スイス滞在中にチェルノブイリ原発事故を体験していた。しばらくの間、缶詰を食べ生野菜から遠ざかる生活を続けた。放射性物質を含む雲が上空にあるから注意せよ、なんてこともあった。日本領事館からの手紙には、細かい日常生活の注意事項が書かれていた… だから、フ…

続きを読むread more

ふしぎな鍵盤&ゴーヤマンがやってきた

東北以南は、燃えている日本列島です。 牛肉の汚染、やらせメール、脱原発は個人の意見???? なんだか疲れるなぁ~ ところで、 当たり前のように目にする鍵盤楽器ですが、よ~く見ると不思議なことがいっぱい。 なんで、白鍵と黒鍵があるんだろう? なんで、チェンバロやオルガンは白鍵と黒鍵が逆なんだろう? なんで、一オクタ…

続きを読むread more

風の王国プロジェクト 間もなく始動!

2日から秋田に来ています。 ヨーロッパで長期滞在するときには、いつも簡単なキッチンの付いたホテルに泊まるのですが、秋田ではなかなか見つからず苦労しました。でも、なんとか長期滞在でも疲れない環境を見つけることができました。ホッ! モードスタジオQの山本ヒサヒロさん等の進める“風の王国プロジェクト”。 風車1000基を秋田…

続きを読むread more

あいかわらずの日本国 ~けなげなゴーヤ その2~

メルトダウンしていたから始まって、海水注入をやめたのやめないの、 日本国は今になってあきれるほどの迷走ぶり。 その間にも海洋汚染はすすみ、土壌汚染の不安は家庭で独自に放射線量の測定を始めるお母さんたちの姿を報道する。 世界からは、「日本の首相は、全ての事故に関連する情報を提供することを約束した」とG8の首脳宣言でクギを刺され、な…

続きを読むread more

けなげなゴーヤ

原発事故は“神様の仕業”って何?????   “人間として最高の知恵を働かせた”????? いつから私は日本語が理解できなくなってしまったのだろう。 このようなアホな人間たちを尻目に、大きな任務を背負ったゴーヤ君は、迷うことなくすくすくと育っているのです。 う~ん、健気じゃ。        5月15日 植えてから2日…

続きを読むread more

小さなコックさん

東北地方は梅雨明けもなく、立秋を過ぎました。 豪雨、地震、竜巻と自然災害が容赦なく押し寄せてくる昨今。私たちが思っているよりもずっと速い速度で、地球環境が変化しているのでしょうか? 数ヶ月前、児童書の創作、翻訳をされている八木田宣子さんから『小さなコックさん』(講談社;文学の扉)という本をいただきました。 コックさんになりたい小…

続きを読むread more

春の動物園  勝手に動物園シリーズ Part2

週末、日本オルガニスト協会の総会、全国大会に出席するため、札幌へ行きました。 帰りの飛行機までの時間を使い、円山動物園へ。札幌市の広大な円山公園内に位置する小さな動物園ですが、昨年生まれたホッキョクグマの双子が話題を集めています。 二頭とも雄ということですが、双子といえども性格はかなり異なるように見受けられました。おかあさんのララは…

続きを読むread more

オルガニスト、春の名物に攻撃される!

ついに到来! 黄砂と花粉のダブル攻撃のシーズン。今や、黄砂はアレルギー症状を悪化させる要因とも言われ、環境省、気象庁、国立環境研究所などがリアルタイムの情報を流しています。 以前にも触れましたが、身の回りの空気?に対してかなり敏感に反応する私ですが、昨日あたりから目や頭がかゆくなったり、鼻が詰まったり、呼吸しにくくなったりと、どうも…

続きを読むread more

オルガニスト、今度は食糧問題を考える

最近、夕餉の食卓になぜかポトフやブイヤベースが並んでしまいます。 ポトフは塩漬けの豚肉作りから始まる本格的なものですが、ブイヤベースは市販のfumet de poisson(魚のだし)を使う手抜きをします。(さかなを扱うのが結構苦手なのです!) ところで、こういう食事だとどうしてもパンやじゃがいもが主食になります。一日中お米を食べなく…

続きを読むread more

オルガニスト、環境問題をまじめに考える

トマト、ランポン(マーシュ)、レタスなどの量り売り。果ては巨大かぼちゃの前におかれた包丁で自分で好きなだけ切って買う、切り売り。(余談ですが、カボチャの煮つけが食べたかったので買いました。でも煮物にはまったく不向きでした!)  ジュネーブに住んでいた頃、スーパーマーケットでは量り売りの野菜が多く、とても助かりました。必要な量だ…

続きを読むread more

明けましておめでとうございます!

本年もよろしくお願いいたします。 雪のない実家から、秋田に戻り驚きました!毎年秋田に戻ってくれば、雪あるいは雪かきをした形跡が残っているものなのに、今年はその形跡すら見かけません。 また、この季節に雪ではなく雨が降るというのも不思議です。昨年80年ぶりの豪雪にみまわれ、とても大変な冬を過ごしたことがまるでウソのようです。 私が…

続きを読むread more