テーマ:雑記帳

古墳団地は、現代の高野山?

先日、仕事で河内に行きました。 巷でうわさの、自転車のハンドルに傘を付けて疾走するおばちゃんの姿も発見。どうもあれは法律違反らしいけれど、関西のおばちゃんパワーはそんなん関係なーい。 『玉出』というすごいスーパーも発見。一瞬『出玉』=『パチンコ』?と思いきや、関西界隈では有名なスーパー・チェーン店らしい。 とはいえ、この電飾! …

続きを読むread more

鉄子の小部屋

先月10月14日、新しい鉄道博物館が大宮にオープンしました。 人が殺到して入場制限をするほどの盛況だそうです。 私もHOゲージのジオラマにとても興味があり、機会があったら是非訪れてみたいと思う所のひとつです。 最近は女性の鉄道ファンも増えているそうで、それを『鉄子』と呼ぶのだそうです。ノリテツ、トリテツなどのことばが飛び交い、ノリテツ…

続きを読むread more

癒しの図書館行

 ご無沙汰しております。 日常の雑事に心を奪われ、文章を物すこともままならない日々を送っております。 そんな中でも本日、半日を図書館で過ごす幸運に恵まれました。西洋音楽が日本に導入された頃の出来事を調べる必要があり、ひさびさのお勉強! 千秋公園の入り口に位置する秋田市立中央図書館、明徳館。秋の色濃くなった木立ちに囲まれたとても静か…

続きを読むread more

スローライフ in 豊岩

 秋田市の豊岩で、豊かなスローライフを送っているKaoriさん。  オルガンを弾いたり、フルートを吹いたりしながら、お米から野菜まで自家栽培。そしてたくさんの収穫があった日は、このアトリオンまでどっさり運んできてくださいます。 ナス、インゲン、ジャガイモ各種、キウリ、菜っ葉、ほうれん草、レタス、ズッキーニetc. etc. ご近所の皆…

続きを読むread more

ああ、癒される~

 先日、オフの日を利用して田沢湖から乳頭温泉郷の鶴の湯へ行ってきました。  初夏の気持ちよく晴れ上がった日で、まだ若い森の緑に青く澄んだ湖の色、本当にさわやかでした。 この時期、ブナ林に生息するエゾハルゼミがあちらこちらで鳴いていました。東北地方では一番はやく出現するせみです。ミョーキン ミョウーキン ケケケケ…と鳴くと物の本にはあ…

続きを読むread more

もう、春ですね

長らくご無沙汰しておりました。     この一ヶ月あまり、自分のコンサートやらオルガニストのちょっと学術的な専門誌の編集長の仕事に追われていまい、ソムリエは開店休業状態となってしまいました。  気がついたら、もう4月。花粉、黄砂にまみれて辛い季節となりました。空気循環の悪いビルディングの中はなかなか大変です。  子供の頃、春になると…

続きを読むread more

“I love you”は『愛していてよ』

 チョコレート屋さんのかき入れ時がやってきました。 別にそれを狙っているわけではありませんが、職場での『義理チョコ』はどうもエビ・タイになる傾向があるような、ないような…    ジュネーブ時代、お世話になったスイスの方に、おいしいチョコレート屋さんのハート型のプラリネを差し上げたことがあります。でも、ヴァレンタインデーにチョコレートを贈…

続きを読むread more

なつこ画伯のこと

 時々、パステルで挿絵を描いてくれるなつこ画伯について。 現在、画伯はアトリオン施設事業部で催し物のごあんないの担当をしたり、後でご紹介するような舞台の小道具を作ったりと八面六臂の活躍をしています。  数年前の3月、私は彼女とパリへ一週間ほど旅をしました。美術館を中心に巡る旅。私はすでに何度もパリへ行っていますので、海外初体験の画伯…

続きを読むread more

星降る夜は…狼女

 1986年3月下旬、私はジュネーブの旧市街、サン・ピエール寺院近くのホテルに滞在していました。まだ時差ボケが抜けやらぬ体で午前3時に目を覚まし、所在無くベランダに出てレマン湖の方角に目をやると、音もなくボーっと輝く不思議なものを見つけました。ハレー彗星です。町は街灯に照らされほんのりとオレンジ色に染まり、時折時刻を告げるカリヨンだけが…

続きを読むread more

マロン、マロニエ、マロネット?

 先日、秋田市千秋公園の入り口に『焼き芋』売りの軽トラックが停まっていました。焼き芋片手に秋真っ盛りの公園散策なんて、なかなか粋!…かしら?  私がこの時期になると必ず思い出すのは、焼き栗のこと。街に焼き栗(マロン・ショ)屋が現れてコルネ(円錐形に巻いた紙袋)一杯に焼き栗を入れてもらい、家に持ち帰って白ワインと一緒に食べました。これは…

続きを読むread more

塩辛とチョコレート

 私が初めてフランス語を習ったのは、ジュネーブに留学することが決まってからでした。だいたい、ジュネーブがどんな言語を使うのかなんてまったく意にも介していなかったため、留学5ヶ月前にしてアルファベ(アルファベット)から習うという体たらく。     しかし、そこは老舗の語学学校。入門コースの後、視聴覚クレディフというクラスで朝から夕方までフ…

続きを読むread more

ベルギーとうなぎのぶつ切り

 ある時、ブリュージュで知り合いのオルガニストと共にベルギーの郷土料理を食べに行きました。 私はムール貝、彼女はうなぎのぶつ切り、グリーンソース煮(とでも言えばよいのでしょうか)。 バケツ一杯のムール貝!にもびっくりしましたが、うなぎのぶつ切りを初めて目の当たりにした私はさらにびっくり! うなぎの蒲焼しか知らない身には、見た目だけでも大…

続きを読むread more

はじめまして

はじめまして、オルガン弾きの香取 智子です。  私はかつて、ワイン好きの集まり『ソムリエの会』のメンバーだったことがあります。音楽に樽やくるみの香りがあるのかどうか?は不明ですが、『謎に包まれた日常生活』の一端をちらりと垣間見せつつ、徒然なるままに書き綴っていこうと思います。      ご贔屓のほど、よろしくお願い申し上げます。   …

続きを読むread more