テーマ:音楽

アトリオンでのワークショップご報告

昨日は、アトリオンでのワークショップでした。 今年は、オルガンの仕組みを科学的!に眺め、対話型鑑賞を応用して同じ音楽が音を変えるとどう変わるのかを感じ、最後に好きな曲を弾いてみました。 2種のストロー笛の工作では、音が鳴らないのが悔しくて泣きだす男の子もいました。 ストロー笛からパイプの長さと音高の関係、フルー管とリード管の音…

続きを読むread more

コープマンさんの公開講座がありました。

7日は、コープマンさんのリサイタルでした。 午前は講座修了生で地元の短大でオルガン専攻を卒業した2名の公開レッスンがありました。 田代友美さんがクラヴィーア練習曲集第3部の前奏曲Es-dur BWV552/1、 佐々木尚子さんがクラヴィーア練習曲集第3部のVater unser BWV682というプログラムです。 コープマ…

続きを読むread more

【ワークショップのお知らせ@大仙市】

7月30日(月)13:30より 大仙市立大川西根小学校 音楽室でワークショップをやります。 今年は「ことばから音を紡ぐ」というワークショップです。 全国ツアーでとても忙しく活躍されている仙北市在住のシンガーソングライター、大木彩乃さんに「ことばを紡ぐ」お手伝いをしていただきます。彩乃さんのピアノの弾き語りはとても素敵です。現在…

続きを読むread more

【7月秋田地域オルガン情報 ワークショップ】

夏休みのオルガン・ワークショップのお知らせです。 「オルガンからのおくりもの」 すてきなおくりものがぎっしりつまった、大きな、大きなオルガン あなたの心のポケットをいっぱいにふくらませて、オルガンと出会ってみませんか? 7月27日(金)13:30~ 於:アトリオン音楽ホール 対象:小学生 定員:30名 料金:500…

続きを読むread more

オルガン講座開講式のあと、 ワークショップをやりました。

オルガン講座の開講式のあと、簡単なワークショップをしました。 今年度の公開講座のテーマに沿ったワークショップで、エスタンピーとジャヌカンの「鳥の歌」の一部を使い、それぞれの曲に相応しい表現を身体で創るというお題です。形式はロンド形式の最小単位にしました。 受講生の子どもさんも参加して、みんなでわいわいと和やかにやって…

続きを読むread more

アトリオン県民オルガン奏者養成講座 受講生募集

アトリオンでは、2018年度のオルガン講座受講生を募集しています。 個人レッスン年6回。 椎名雄一郎先生による公開講座の聴講、あるいは演奏が年2回。 発表会が2019年3月にあります。 初級はバッハのインベンションとシンフォニア程度のピアノが弾ける方が基本ですが、まずはやる気!かな。 募集要項は例年と同じですが、始…

続きを読むread more

【アトリオン・オルガン講座発表会】

もう発表会のシーズンとなりました。 全プログラムのご紹介です。 3月18日(日) 午前の部(五十音順)10:30 ・石川絵里  「ただ尊き御神のままに」BWV647  「目覚めよと呼ぶ声あり」BWV645 6つのシュープラーコラール集より                              J..…

続きを読むread more

公開セミナーご報告

公開セミナー「歴史のなかのオルガン音楽」第2回オルガン完成期から衰退、そして現代へ 受講生、一般合わせて55名ほどの方が聴講されました。 フランス革命、産業革命といった大きな社会変革が、オルガンとその音楽に与えた影響とは何か。音楽的には古典的な和声法が限界に達し、社会的には第一次世界大戦が勃発した20世紀初頭、作曲家が何を感…

続きを読むread more

【秋田地域オルガン情報12月 第2弾】

2014年、山梨県に続き秋田県も国民文化祭オルガン・フェスティバルに参加しました。その後3年間にわたり、秋田市は国文祭メモリアルフェスティバルIN AKITAを開催し、大きな組織を持たない団体に対して助成を続けてくれました。今年がその3回目 今回はクリスマスがテーマです。 オルガンフェスティバル実行委員が、数あるクリスマ…

続きを読むread more

【12月秋田地域オルガン情報 第1弾】

アトリオン音楽ホール公開セミナー 「歴史のなかのオルガン音楽」 第2回 オルガンの完成期から衰退、そして現代へ 日時:12月8日(金)18:30 講師:椎名雄一郎 (活水女子大学准教授、東京藝術大学非常勤講師) 一般聴講料:500円 演奏曲目: 磯 万里奈 前奏曲とフーガ ト長調    F. メ…

続きを読むread more

【11月秋田地域オルガン情報その2】

大仙市立大川西根小学校での秋田オルガンかわら版の会の企画制作コンサート 大川西根小学校 パイプオルガンコンサート ~おどるオルガン うたうオルガン~ 日時: 11月26日(日)13:30開演 13:00開場 於: 大川西根小学校 音楽室 今年は「みる、感じる、体験するコンサート」 音楽を構成する3つの要素、「リズ…

続きを読むread more

秋田地域オルガン情報11月

【秋田地域オルガン情報11月】 早いもので、もう11月のお知らせです。 秋田桜教会が例年開催しているコンサートのお知らせです。 今年は国内外で活躍されている山田由希子さんの演奏です。バッハやヴァルター、ベームなどドイツの作品を中心にしたプログラムです。 11月3日(金)14:00開演 13:15分開場 日本キリスト教団秋田…

続きを読むread more

【秋田地域オルガン情報7月 夏休みオルガン・ワークショップ2件】

アトリオン音楽ホールと大仙市立大川西根小学校での夏休みオルガン・ワークショップご紹介 【1】 「みて、きいて、おはなししよう! ~美術館といっしょ~」 絵からどんな音がきこえるかな? 音楽からどんな景色がみえるかな? 日時;7月28日(金) 午前の部10:30-12:00 午後の部14:00-15:30 場所;秋田…

続きを読むread more

【秋田地域オルガン情報6月】

はやいものでもう新年度。6月のレクチャー・コンサートのお知らせです。 オルガン・レクチャー・コンサート@アトリオン音楽ホール 美しさの裏がわ~法律家がみた作曲家の人生~ 《ようこそ 美しさの裏がわの世界へ》 時代も、国も異なる環境で生きた 3 人の作曲家、J.S.バッハ、 F.リスト、L.ヴィエルヌ。 法律家のまな…

続きを読むread more

2016年度発表会プログラム

3月19日のアトリオン、オルガン講座の発表会のプログラムです。 午前の部10:30 開演 1.大関千潤    コンチェルト ト長調 BWV592 J.S. バッハ 2.橋本千穂    神よ、汝の慈しみによりて/神のみ子は来ませり BWV600      かくも喜びに…

続きを読むread more

【2016年度 オルガン講座発表会のお知らせ】

日時;3月19日(日)10:30~ 14:00~ 場所:アトリオン音楽ホール 入場無料 曲間での出入りは自由です。 曲目 J.S.バッハ トッカータとフーガ ニ短調 BWV565 J.S.バッハ パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582 G.ベーム  コラール変奏曲『ああ、いかにはかなき、いかに空しき』 J.ラン…

続きを読むread more

下北沢でライブをきく

月11日、現講座受講生でもある、シンガーソングライターの大木 彩乃さんのバースディワンマンライブ『おわりとはじまりのうたうたう』にご招待いただきました。 下北沢のWORK SHOP LOUNGE、SEED SHIPは、こじんまりとしたお洒落な空間。 ピアノの弾き語りに後半はパーカッションの仙道さおりさんも加わった素敵なライブ…

続きを読むread more

usaginingenライブ@千葉市美術館さや堂ホール 17/12/2016

昨秋、フォックルールさんによるパイプオルガン×映像プロジェクト「暗闇と光」で、「映像と音楽」を体験しました。 その時は生意気にも、別に映像なくても音楽だけで十分ではないかと感じました。自らの専門楽器ですから、音楽だけで楽しめてしまうのは、まぁ当たり前といえば当たり前。 ただ、一曲ずつが音楽それ自体としてすでに完結した作品で…

続きを読むread more

オルガンは地域で何ができるのか?

昨秋から「地域にオルガンがあることの意味」、「そこでコンサートをすることの意味」など、「秋田オルガンかわら版の会」の会長とそんな根本に立ち戻って考える機会がありました。 今年の大川西根小学校でのスクール・コンサートのあと、現かわら版の会会長を含め、我々はさまざまに話し合いました。見えてきたものは「教育現場にあるオルガン」という…

続きを読むread more

今年度の公開セミナー無事終了

12月9日、第2回の公開セミナー「楽譜のなぞ・・19世紀以降の楽譜の歴史」。 午前中3時間連続、午後3時間連続レッスンの後でしたが、幸い自分が何かをする立場ではなかったので、ふらふらしながらも何とかこなせました。 今までで恐らく最多の受講生を含め57名の方がお出でくださいました。 オルガンにそれほど興味、関心があるわけ…

続きを読むread more

パイプオルガン教室@大川西根小学校

11月18日、大仙市立大川西根小学校でのパイプオルガン教室でした。 大仙市立四ツ屋小学校3年生33名も参加しました。子どもたちへの開かれた問いかけ、対話型鑑賞の試み、夏のワークショップの応用と、今回はシリテーションのテクニックを使いながら進めてみました。 実践の積み重ねによって、次第に先に繋がる可能性が見えてくるようになりました…

続きを読むread more

【秋田地域オルガン情報12月】

もう、2016年もあとひと月ほど。時の流れは速いですね。 12月のオルガン関係催し物のご案内です 12月9日(金)18:30 アトリオン音楽ホール アトリオン音楽ホール・公開セミナー  「楽譜のなぞ 第2回 19世紀以降の楽譜の歴史」 バッハのピアノの実用譜には、残された資料には存在しないフィンガリング、強弱記…

続きを読むread more

【秋田地域オルガン情報11月】

その1 ◆秋田桜教会第13回オルガンコンサート 2016年11月4日(金)18:30-20:00 演奏:中川紫音  東京藝術大学大学院修了。ブレーメン芸術大学音楽学部古楽オルガン科卒業。今井奈緒子、廣野嗣夫、ハラルド・フォーゲル、ハンス・ダヴィットソン各氏に師事。現在、慶應義塾大学横浜初等部教諭、聖ヶ丘教会、桜新町教会オ…

続きを読むread more

霊南坂教会 水曜チャペルコンサート

10月5日 サントリーホールにほど近い霊南教会の水曜チャペルコンサートに出演します。 今年はレーガー没後100年、デュリュフレ没後30年にあたり、学生時代から様々な作品でお世話になった両作曲家へのオマージュを捧げたいと考えました。 最近はコンビネーションの使用数など考える必要もないことが多いのですが、限定6個のコンビネーションで…

続きを読むread more

オルガンと口笛?

口笛の国際コンクールで2度優勝された秋田県出身の柴田晶子さんのワンコインコンサートがあります。 今回、【夜の部】公演にオルガン伴奏のプログラムが加わりました。 ・J.S.バッハ / 管弦楽組曲 第2番 ロ短調 BWV1067から、「序曲」と「バディネリ」 ・J.Sバッハ / フルートとオブリガート・チェンバロのためのソナタ 変…

続きを読むread more

【秋田地域オルガン情報10月】

2016年度オルガン講座、公開セミナーのお知らせです。 今年度は「楽譜」について考えてみたいと思います。 バッハの音楽は作者による「メモ」(自筆譜)、作者以外の人間による筆者譜、あるいは当時の出版譜により伝えられてきました。残された資料を探偵のように読み解いていく作業は音楽学の重要な分野であると同時に、「楽譜」を使い音楽を再…

続きを読むread more

トッカータを学ぶ人々

怒涛の秋田生活最終日。11日はトッカータ! 大仙市立大川西根小学校での公開講座。一般の方を含め16人ほどが参加してくださいました。 トッカータの概念、定義、起源などを学んだあと、フレスコバルディの聖体奉挙のためのトッカータ、バッハのトッカータとフーガ二短調(トッカータのみ)、トッカータ、アダージョとフーガ(トッカータのみ)、デュ…

続きを読むread more

秋田で古楽

9月9日、10日と2本のフラウト・トラヴェルソとバロックファゴットによるアンサンブルに通奏低音奏者として同行しました。 9日は大川西根小学校でのスクールコンサート&横手市かまくら館のコンサート。 小さく“2”と表記されただけだったので、二小節休みだから注意しなきゃ!と思っていましたが、本番で案の定一小節くって入ってしまいました(…

続きを読むread more

9月3日 国文祭メモリアルフェスティバル in AKITA オルガンフェスティバル ご報告

Let’s dance with Organ and Marimba 9月3日、音楽とダンスの協働によるワークショップ&コンサート「Let’sからだあそび」が終了しました。 音楽と身体は切っても切れないつながりがあります。人間が2足歩行を始めたとき、声を自在に操れるようになり、2本の手足がリズムの基本になりました。 身体で感じ…

続きを読むread more

【秋田地域古楽コンサート情報9月】

古楽不毛の地と言っても過言ではない秋田ですが、横手市出身でザルツブルク在住の富永芳憲(Fg.)さんとそのお友達、トラヴェルソのミュンヘン在住、マリオン・トロイペル‐フランクさん、ザルツブルク在住、ベアトリス・レンチュさん、通奏低音・香取智子のバロック・アンサンブル”ザルツブルク・ミュンヘン“が、コンサートを開催いたします。 秋田市のほ…

続きを読むread more