テーマ:食べる

【秋田地域オルガン情報1月】

2013年ももうすぐ終わり。 クリスマス前からクリスマスにかけての慌ただしさからようやくひと段落。「秋田オルガンかわら版の会」のNorikoさんお手製、シュトレン2013をいただける時間ができました。相変わらず自然派のやさしいお味です。オーガニック・フルーツの漬込み、オレンジピール、すべて手作りです。小麦は国産、発酵は白神酵母、砂…

続きを読むread more

たべいコーヒー、みいつけた!

最近、コーヒー豆にちょっとこだわりを持つようになり、ご近所にいいコーヒー屋さんがないかとググってみたところ、ありました、ありました!! こだわりのコーヒー豆専門店を見つけました。 千葉のスペシャルティコーヒー豆専門店《たべいコーヒー》です。 ご近所と言っても、チャリで15分くらいの明るい新興住宅地の中。 http://ww…

続きを読むread more

居酒屋的食生活驀進中…

ここ数日間、居酒屋的食生活を送っています。 まずは、島らっきょうGet。お酒は泡盛ではなく、『刈穂』の“あらばしり”です。 本日は、新鮮なブリのあらが手に入ったので、ぶり大根作りました。お漬物は、秋田の『なた漬け』。 名前の由来は、大根を“なた”でざくっと割るように切って漬けるところから来ています。こう…

続きを読むread more

秋田の早春の味覚

大仙市在住のMarinaさんから、『ひろっこ』やら北海道のハスカップを使った自家製ジャムなど色々といただきました。 ひろっこは浅葱の新芽(だと思います)。雪の中から掘り出したひろっこを酢味噌和えでいただく。さわやかな香りが口の中いっぱいに広がる秋田の早春の味です。 デパ地下で山形産のひろっこを見かけましたが、もっと緑色になってま…

続きを読むread more

美術館でモロッコ・パイと新たな共感覚?!

かなり久しぶりに東京都現代美術館へ。企画展『アートと音楽ー新たな共感覚を求めて』を見る?聴く?遊ぶ?ため。 《音楽と美術》のワークショップをしようと、秋田市立千秋美術館に教育委員会の方が持ちかけ、その打ち合わせが月末にある。といっても、子ども対象のワークショップ。ただ、陳腐な発想でやりたくないから、何かヒントがないか足を運んでみたの…

続きを読むread more

なんちゃってティラミス造形

関東地方の雪、秋田では当たり前の雪もこちらではずいぶん久しいこと。秋田ではこの程度雪が降っても騒ぎはしませんが、スタッドレス・タイヤも雪仕様の靴もない首都圏では本当に大変。 で、こんな日は家にいるのが一番。 近くのスーパーで、クリスマス用に仕入れたとおぼしきチョコレートのスポンジ台が、30%offになっていた…

続きを読むread more

スルメの変身

2013年も、もう半月が経とうとしています。 暮れも押し詰まった頃、時々ホームステイでお世話になっているのKaoriさんから、函館にある出雲大社分社のご祈祷つきスルメとコンブをいただきました。別に結納の品ではありません… 炙って日本酒のあてにするか、松前づけを作るか…どうしようかと思っていたところ、FBのお友達から、『男子厨…

続きを読むread more

収穫感謝

秋の味覚が採れました。                   ゆず収穫                   かきの収穫                  今年はゆずの大豊作               みかんは昨年が大豊作で今年は?

続きを読むread more

あなたは昆虫を食せますか?

ロイターの記事にこんなのがありました。 《オランダで「昆虫料理本」出版、人口増加に備えたタンパク質源に》 http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE83H02D20120418/ 要するに、昆虫をタンパク質として皆さん食しましょう!という料理本が発行されたとい…

続きを読むread more

クリスマス2011

最近、あたふたとしていてご無沙汰しております。 あっという間に2011年のクリスマスを迎えました。 振り返れば、日本も世界も怒涛の一年でした。まだ、何も解決していない事柄が満載で不安だらけ… でも、困難な状況の中で必死で生きていらっしゃる方々のことを思えば、私たちが力を落としてしまってはいけないのだと心を奮い立たせる今日こ…

続きを読むread more

うらなりゴーヤマン、ジュースになる! 週刊ゴーヤ通信

暑さのぶり返しがすごいここ数日。テレビで「エアコンをしっかり使って、ほかの電気製品を節電しましょ!」って言ってました。 ところで、ゴーヤカーテンは本当に涼しいです。不思議な植物の力を感じます。 そのゴーヤカーテンにぶら下がる、我が家のうらなりゴーヤ君が一気に熟しました。 種は、真っ赤なゼリー状の物体に包…

続きを読むread more

風の王国プロジェクト 間もなく始動!

2日から秋田に来ています。 ヨーロッパで長期滞在するときには、いつも簡単なキッチンの付いたホテルに泊まるのですが、秋田ではなかなか見つからず苦労しました。でも、なんとか長期滞在でも疲れない環境を見つけることができました。ホッ! モードスタジオQの山本ヒサヒロさん等の進める“風の王国プロジェクト”。 風車1000基を秋田…

続きを読むread more

バッハ氏 コーヒーを嗜む!

先日、ロイターのサイトで『山谷のカフェ・バッハ』というブログ記事(2月10日付)を見つけました。 カフェ・バッハはとても有名なお店です。コーヒー好きの『聖地』と呼ばれているそうです… その聖地があるところが、東京、台東区山谷。言わずと知れた日雇い労働者の街です。 そこにこだわりのコーヒー店というのも不思議な気がしますが、山谷であるこ…

続きを読むread more

Merry Christmas !!

気が付けば、もう年の瀬。師走ということばは、本当にこの時期をうまく表現していますね。 今年のNorikoさんのシュトーレンです!手作りの伊予柑ピール、ナポレオンとザルツブルクのキルシュヴァッサーに漬けられた贅沢なレーズン。とてもフルーティーなシュトーレンです。 今年一年を振り返って見ると、9月のリーマン・ショック以降、急激に世…

続きを読むread more

人生、忘れられないこともある♪ 《記憶の澱みから》

比較的穏やかな日々が続いていた秋田ですが、11月に入りお天気が不安定になり、次第に冬の足音が近づいてきたようです。 今頃、受験を控えた若人たちは、追い込みにかかっているのでしょうか? 撮影F氏 さて、遠い遠い昔、高校受験を控えた中学3年の頃のことでした。 社会の授業は、いつも10問程度の小テストで始まりました。範囲は指定され…

続きを読むread more

癒しの旅; 箱根編

先日、遅い夏休みも兼ねて箱根に行きました。 秋になってもなかなか天気が安定しない日が続きますが、幸い晴天に恵まれ、芦ノ湖でさわやかな風を満喫することができました。 湖畔から芦ノ湖を望む 今回の旅の目的は、近頃はやりのかくれ宿に泊まること。 箱根にはこの手のお宿がたくさんありますが、この6月にオープンしたばかりの『弓庵』さんに…

続きを読むread more

ホワイト・アスパラがやってきた

毎年この季節になると、うわ言のように繰り返す言葉があります。 『ホワイトアスパラが食べたい!』 今年もいつものようにこう呟いた翌日、なんと北海道からアスパラがたくさん送られてきました。 教え子のMさんが、コンサート・ツアーで札幌に立ち寄った折、アスパラの詰め合わせを贈ってくれたのです。アスパラを見たら私の顔が浮かんだとか…おそるべし、…

続きを読むread more

オルガニスト、今度は食糧問題を考える

最近、夕餉の食卓になぜかポトフやブイヤベースが並んでしまいます。 ポトフは塩漬けの豚肉作りから始まる本格的なものですが、ブイヤベースは市販のfumet de poisson(魚のだし)を使う手抜きをします。(さかなを扱うのが結構苦手なのです!) ところで、こういう食事だとどうしてもパンやじゃがいもが主食になります。一日中お米を食べなく…

続きを読むread more

オルガン喫茶 コウヤマキ

2008年が始まりました。 今年から京都議定書の第一約束期間が開始されました。日本は二酸化炭素の排出権に関しても世界の潮流に遅れているようで、目標達成は困難?と今から囁かれています。おまけに、中国やインドは先に豊さを享受した国の責任のつけを、自分たちにまわされるなんて心外である!!と言っているし… 地球の危機は、人間の生活の根本と関…

続きを読むread more

もう、春ですね

長らくご無沙汰しておりました。     この一ヶ月あまり、自分のコンサートやらオルガニストのちょっと学術的な専門誌の編集長の仕事に追われていまい、ソムリエは開店休業状態となってしまいました。  気がついたら、もう4月。花粉、黄砂にまみれて辛い季節となりました。空気循環の悪いビルディングの中はなかなか大変です。  子供の頃、春になると…

続きを読むread more

Stollen à la Noriko

クリスマス・シーズンの楽しみ。 それは、シュトーレン。それもドライ・フルーツまですべて手作りの、手間も愛情もたっぷりの本物。  作ってくださるのは、現在秋田オルガンかわら版の会の会長さんをしているのりこさん。 今年は10個以上、3日間かけてご自宅で焼かれたそうです。何もかもがシュトーレンの甘い香りに包まれてしまって、ご自身もシュト…

続きを読むread more

マロン、マロニエ、マロネット?

 先日、秋田市千秋公園の入り口に『焼き芋』売りの軽トラックが停まっていました。焼き芋片手に秋真っ盛りの公園散策なんて、なかなか粋!…かしら?  私がこの時期になると必ず思い出すのは、焼き栗のこと。街に焼き栗(マロン・ショ)屋が現れてコルネ(円錐形に巻いた紙袋)一杯に焼き栗を入れてもらい、家に持ち帰って白ワインと一緒に食べました。これは…

続きを読むread more

塩辛とチョコレート

 私が初めてフランス語を習ったのは、ジュネーブに留学することが決まってからでした。だいたい、ジュネーブがどんな言語を使うのかなんてまったく意にも介していなかったため、留学5ヶ月前にしてアルファベ(アルファベット)から習うという体たらく。     しかし、そこは老舗の語学学校。入門コースの後、視聴覚クレディフというクラスで朝から夕方までフ…

続きを読むread more

チキンサラダとローストビーフ

 ロンドンから小一時間、St.Albansのとある女性がお二人で住まわれるお宅に一週間ほどホームステイ させていただいたことがあります。ご主人をなくされた後、仲の良いお友達と同居されたのだそうです。お二人とも仕事を持っていたので、朝食の後片付けと飼い猫のブーツ(足がブーツを履いているように白くなっているので付いた名前です)に餌をやるのが…

続きを読むread more