オルガンマンが行く|音楽のソムリエ

アクセスカウンタ

zoom RSS オルガン弾いちゃった!

<<   作成日時 : 2007/05/28 11:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 今年も、夏休みに小中学生を対象にしたオルガンのワークショップを開きます。

 オルガンを間近に見たり、パイプを吹いたり、小さなカッコウ・オルガンを試したり、実際に演奏したりとホールの正面に鎮座するえらそうな楽器を解剖してしまおうという企画です。
 昨年はホールのオルガンを全員弾いてみましたが、今年は鍵盤が弾けない人はホール内で写生大会をしていただこうと考えました。
 大げさに言えば、美術と音楽のコラボレーション!!

小さなオルガンを見たよ!.jpg

大きなオルガンも見たよ!.jpg

 パウル・クレーやカンディンスキーなどの画家は、音楽にも精通していました。また、12音技法を創ったシェーンベルクは、カンディンスキーもあっと驚くすばらしい自画像を描いています。

 学生の頃、シェーンベルクとピカソについて調べたことがあります。19世紀後半から20世紀初頭にかけて、音楽はすでに従来のハ長調、ト長調といった調性によって作曲することが限界に達し、調性のない音楽になっていきました。美術も同様にルネサンス以来の遠近法が限界に達していました。しかし、何かを創造するためには“言葉(語法)”がなければ何物をも生み出すことができません。
 
 そこで、シェーンベルクはオクターブの12の音をすべて同じ価値で扱って作曲する『12音技法』を創りだしました。(これ以上の説明は、和声学を知らないと分からないので省略します。)
 また、ピカソは平面であるキャンバス上で真実を描くためには、対象をあらゆる角度から眺めてそれを描き込むことと考え、キュビスムを創り出しました。(真正面の顔に横向きの鼻がついているような作品です。古代エジプトの壁画に似ています)

 両者とも、新しい“言葉(語法)”を求めていたのです。しかしこの頃のお二人の作品は、あまり人に親しみをもたらすものではありません。それどころか、突き放されたような感じさえします。

 難しい話になってしまいましたが、美術も音楽も同じような流れにあることを知っていただきたかったのです。

 ということで、夏休みの自由研究の課題などにもいかがでしょう? また、描かれた絵は展覧会を開く予定もあります!詳しくは、まもなくホームページ上でも掲載されます。

オルガン弾いちゃった!.jpg

博士になったよ!.jpg

追伸;ブログの7月4日にアップされた“オルガン弾いちゃった&描いちゃった”から、申し込み用紙をダウンロードできます!



 



 



 
 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
音楽とふれあっている時の子供は瞳がキラキラしていますね。私も、こんな経験してみたかったです。ずっと、心の中に残るんだろうなぁ♪
亀仙人
URL
2007/06/07 16:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
オルガン弾いちゃった! オルガンマンが行く|音楽のソムリエ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる