オルガンマンが行く|音楽のソムリエ

アクセスカウンタ

zoom RSS 森で懐かしい人に出逢いました

<<   作成日時 : 2009/09/23 12:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

シルバーウィークの20日、『コムソベーラ』という秋田市の創作オペラの会の第4回の公演がありました。

1997年に第一回公演が行われて以来、数年おきに新作オペラを公演されています。今回は5年ぶりとのことで、自然環境の大切さをテーマにした『アルベーロの森』でした。


アルベーロの森.bmp


キャストもオーケストラも、秋田で活動されている方がほとんどで、いわゆる市民オペラです。
脚本から監督、はては衣装まで担当されたのは、『コムソベーラ』代表の越後谷慶子さん。

そして、第2回公演以来作曲、指揮をしているのが、現在、佐賀大学の文化教育学部で教鞭をとられている橋本正昭さん。


実は、彼は大学院の同期生。

大学院では、スコア・リーディングを2人だけで受講した仲?です。彼は、作曲専攻だからできるのは当然なのですが、オルガンの3段譜、多くても4段譜を読むことが日常の私は、カルテット程度のスコアはクリアできても、オーケストラのスコアまでは、とてもとても読めません。結果、当然ながら私は足を引っ張るわけで、今もって何で自分がスコア・リーディングの授業を取ったのか不明です。

とにかく、そんな大学院以来の邂逅。懐かしかったです。
彼は国立音大の付属高校で教えていたこともあり、ヴァイオリンの渡辺玲子さんの伴奏者、ピアニストの坂野さんの担任でもありました。

最近、色々な人々とのつながりを感じる機会が増え、年なのかなあ?などど思ってしまいますが、やはり音楽という世界で生きているのだから、当たり前ですね。

ついでながら、秋田南高校出身で、ブラスの世界で有名な天野正道さんも大学院の同期です。
彼とアトリオンで遭遇したとき、「えっ?なんでここにいるの??」という状態で、お互いにまじまじと顔を見合わせたことを思い出しました。


なんて、私の懐かしい人のお話になってしまいましたが、市民の力で創作オペラを作り上げて行くエネルギーは凄いと思います。そして、決して簡単ではない新作オペラに挑む、秋田の音楽人、音楽好きの底力も垣間見たような気がしました。

それはもちろん、オペラ・ハウスでプロが演じるオペラから得られるような、圧倒的な感動とは異質のものです。けれど、市民オケ、ブラス、合唱団といったそれぞれの活動が一緒になって、ひとつの舞台を作り上げて行くことは、とりもなおさず秋田の文化力がupすることにつながるのではないか、と感じた公演でした。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
森で懐かしい人に出逢いました オルガンマンが行く|音楽のソムリエ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる