オルガンマンが行く|音楽のソムリエ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【秋田地域オルガン情報5月】

<<   作成日時 : 2014/04/27 20:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アトリオン音楽ホールで「オルガン×トランペットの響き」コンサートがあります

5月25日(日)15:00開演

出演はオルガンが私、香取智子、トランペットに9月のガラコンサートで共演したNHK交響楽団首席奏者、菊本和昭さんをお迎えし、さらに吹奏楽コンクール金賞常連校、秋田市立山王中学校吹奏楽部が特別出演します。

プログラムは

【第1部】
 天野正道:アトリオン音楽ホールのためのファンファーレ
  (オルガン+吹奏楽版 初演/2013年アトリオン音楽ホール委嘱作品)
 クープラン:「教区のためのミサ曲」より 奉献唱
 J.S.バッハ:幻想曲 ト長調 BWV572
 アルチュニアン:トランペット協奏曲 op.94
 
【第2部】
 A.リード:アレルヤ!ラウダムス・テ
 マスカーニ:歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』より 間奏曲
 J.S.バッハ:「装いせよ、おお愛する魂よ」 BWV654
 デュプレ:4つの小品 op.19より 第4番 行列と連祷
 エベン:「窓」より Wレヴィ、黄金色の窓


チケットは<全席自由> 
 一般前売   \3,000 (当日\3,500)
 学 生    ¥1,000

ローソンチケット【Lコード26468】でもお求めいただけます。

なかなかかっこよくて、きれいな曲が並んでします。

天野くんのファンファーレの新バージョンの譜読みをしたときにFBに投稿したものを以下に転載します。


Fanfare pour Atorion Hall   天野くん(失礼!天野正道さん。大学院時代の同期なもので、、)が昨年9月、アトリオン音楽ホールのガラ・コンで発表したブラス・アンサンブルのためのファンファーレ。

5月25日にオルガンを加えた新ヴァージョンで再演するため、譜読みをしました。オルガンが良く鳴る音域、良く響くハーモニーの配分で書かれていて、楽器が良く鳴る上に弾きやすい。ブラス・アンサンブルを鳴らすこととオルガンを響かせることは、どこか共通するものがある気もしますが、パート譜を弾いていて気持ちいい!って感じるのはなかなかうれしいものです。

それにしても何でタイトルがフランス語なんだ? 


画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【秋田地域オルガン情報5月】 オルガンマンが行く|音楽のソムリエ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる