オルガンマンが行く|音楽のソムリエ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「いきいきリズムでオルガンいきいき!!」アトリオン音楽ホール主催ワークショップ 7月31日

<<   作成日時 : 2014/08/03 14:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大仙市に引き続き7月31日にアトリオン音楽ホールでのワークショップも終了しました。

親子、友達、兄弟姉妹、みんな手をつないでわいわいにぎやかにリズム遊び。マーチングの衣装でスネアを叩きながら登場した伊藤さんに子どもたちの目はまんまるに。リズム遊びの輪に加わったスタッフも「手をつなぐなんて何年ぶりかしら、、新鮮!」と喜んでおりました。

鍵盤の経験のない子も飛び込みでオルガン体験。ラモーの2台チェンバロのタンブーランのベース音だけ弾きました。同じくラモーの有名なタンブーランのベースをペダルで弾くという工夫をしてきた人も2人ほど。(言うまでもなくペダルに足の届く年齢の人たちですが)
ほんの一言でオルガンらしい演奏に変わる子どもたちの柔軟性にびっくり!の一日でした。

サポートしてくれるスタッフが、音楽教育関係者というのは、なんとも心強い次第。任せておけば、勝手に進化していきます!

また、修士論文の研究で、東京から見学に見えた学生さんがいました。

教育の観点から見た音楽と社会がテーマ だそうです。オルガンも弾ける学生さん故、オルガンのワークショップを見学にいらしたのですが、「社会包摂」??程度の認識と思われるクラシック音楽界で、「社会」との関係性を考えようという若手がいるのはウレシイ限りです。

現場は試行錯誤の繰り返しですが、これが「社会」との結びつきを模索する動きだと察知してくれる鋭い若者の存在は、遅れをとっているクラシック音楽界も、いずれ社会との繋がりを見出だせる日がくるかも…と思わせてくれたのであります。


画像



画像



画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「いきいきリズムでオルガンいきいき!!」アトリオン音楽ホール主催ワークショップ 7月31日 オルガンマンが行く|音楽のソムリエ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる