オルガンマンが行く|音楽のソムリエ

アクセスカウンタ

zoom RSS 六本木界隈は火曜日が休館日だった

<<   作成日時 : 2015/04/29 08:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

午後の打ち合わせが早く終わったので、前から気になっていた「マグリット展」にでも行ってみようかと国立新美術館へ。ところがどっこい休館日。

「えっ、休館日って月曜じゃないの?」

ならば、サントリー美術館で開催中の「若冲と蕪村」でもと足を向けたら、ここも休館日。六本木界隈は火曜日が休館日なのであった。でも、なんで?

あまりに悔しいので、何をやっているのかも知らないのに東京テーションギャラリーに向かう。
93年の「バルテュス展」以来訪れたことはなかったが、入り口が丸の内北口改札のすぐ横に変わり(たしか変わったと思う…)、れんがの壁面は残しながらも小型の美術館としての体裁は整ったのかなぁと感じた。

折しも北陸新幹線開業記念で、富山県立近代美術館コレクションによる「ピカソと20世紀美術」展を開催中。
20世紀初頭のキュビスムとシェーンベルクの関連性にハマったことのある私としては、「我が意を得たり!」と喜び勇んで入口に踏み込んだ。

キュビスムに始まる20世紀の流れを簡単に概観する展覧会。
ピカソ、ブラック、カンディンスキー、シャガール、クレー、フェルナン・レジェ、マン・レイ、デュシャン、エルンスト、ミロ、デルヴォーなどから、戦後のベーコン、ジャスパー・ジョーンズ、ウォーホルなど、作品数は少なくとも幅広く知ることができる。

5月17日まで

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
六本木界隈は火曜日が休館日だった オルガンマンが行く|音楽のソムリエ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる