はじめての本格的なチェンバロコンサート

秋田オルガンかわら版の会の公開講座がコンサートに替わりました<(_ _)> バロックの夕べ ~チェンバロで聴く名曲とカンタータ~ 12月6日(金)19:00 開場18:30 アトリオンミニコンサートホール チェンバロ:香取智子 メゾソプラノ:野尻弘子 主な曲目: J.S.バッハ トッカータハ短調 B…

続きを読むread more

はじめてのチェンバロ教室

昨日は「はじめてのチェンバロ教室」第一回。 こちらの都合で、いつもチェンバロを置かせていただいている小さなお部屋に会場を変更しましたが、笑顔がいっぱいの満員のお教室になりました。 鍵盤楽器全体からみたチェンバロを歴史的に振り返り、実際にジャックを手に取ったり、レジスターの発音の時間差を体感したりしました。 最後は基本的な演奏マナー…

続きを読むread more

【教会コンサートのお知らせ】

【教会コンサートのお知らせ】 ◆11月2日(土)14:00 日本キリスト教団 湯沢教会 J. クーナウ 聖書ソナタ第一番「ダヴィデとゴリアテの闘い」 J. ブレ   天使たちのワルツ J.S.バッハ  フーガ変ホ長調 BWV552/2 ほか ◆11月4日(月・休)14:00 日本基督教団 秋田桜教会 D. ブクステ…

続きを読むread more

はじめてのチェンバロ教室 開催のお知らせ

先週の土曜日、7日には横手高校同窓会の総会で30分ほどチェンバロを聴いていただきました。小さな楽器の持つ大きな表現力を少しでも感じていただけたらとプログラムを組みました。うまく伝えることができたでしょうか? また、これからの活動に向けてのさまざまな課題も見えてきました。搬出、搬入をお手伝いくださった横手高校のOBのみなさまに感謝です。…

続きを読むread more

オルガン・ワークショップのお知らせ

夏休み・わくわくオルガンワークショップ 今年も大仙市立大川西根小学校で夏休みのワークショップがあります! 今年は「リズム」。オルガン曲から感じられるリズムで遊びます。コンテンポラリーダンスの伊藤歩美さんもみんなと一緒になって「何か」を創ってくれますよ。 そのあとにオルガン体験もできます! 鍵盤楽器が弾けなくてもOK! …

続きを読むread more

「バロック音楽ひろめ隊」に名称を変更しました

「ふるさとにバロック音楽をひろめ隊」は、クラウドファンディングの成立をもって、「バロック音楽ひろめ隊」 独語名Verein der Liebhaber der Barockmusik(VLBM)と名称を変更いたしました。 開かれた持続可能な組織を目指していきたいと考えています。 これからもよろしくお願いいたします。

続きを読むread more

チェンバロのお披露目

新しいチェンバロのお披露目コンサートが無事に終了しました。 少ないスタッフのもとクラウドファンディングで手一杯で、コンサートの広報まで手が回らなかったということもあり、秋田公演はほぼCFご支援者の方へのコンサートとなりました。けれど、新たなチェンバロの姿と音色を披露することができ、今はほっと一息といったところです。 これから…

続きを読むread more

チェンバロ到着

安達正浩氏製作 ルッカースタイプ フレミッシュ ラヴァマン 二段鍵盤チェンバロ GG-e3 8’×8’×4’ 396Hz-415Hz-440Hz 可変ピッチ 装飾は角館出身の平福百穂(1877-1933)へのオマージュとしてデザインされました。 側面は百穂タッチのアサガオにカタツムリとカエル。 蓋の内側は…

続きを読むread more

チェンバロがやってくる!

チェンバロは名古屋を出発して、明日夕刻、横手に到着する予定になっています😊 お披露目コンサートは 5月9日18:30横手市かまくら館  5月10日18:30秋田市アトリオンミニコンサートホール プログラムにはフレスコバルディのトッカータやラモーの小品など、チェンバロのソロの曲も入っています。 是非足…

続きを読むread more

CFのプロジェクトは成立いたしました

3月29日午後11時、「本場の音楽を子ども達に。秋田県横手市にチェンバロを届けたい!」のクラウドファンディングが成立いたしました。 ご支援本当にありがとうございました。 考えれば「ふるさとにバロック音楽をひろめ隊」の代表 冨永芳憲はザルツブルク、副代表は千葉、事務局の佐々木憲子とお手伝いいただいた佐藤郁子のみが横手と湯沢とい…

続きを読むread more

バロック音楽の愉しみ~チェンバロお披露目コンサート~

クラウドファンディングによる新しいチェンバロのお披露目コンサートです。 2本のフラウト・トラヴェルソ、バロック・ファゴット、チェンバロによるアンサンブル、ソロとさまざまな楽曲でバロック音楽をお楽しみいただくプログラムを予定しています。 尚、このコンサートは横手市の他、5月10日に秋田市でも開催予定となっております。こちらも予…

続きを読むread more

プロジェクトの達成に深く感謝いたします

多くの方の温かいご支援、ご協力を得て2019年3月25日、プロジェクト達成の日を迎えることができました。 「ふるさとにバロック音楽をひろめ隊」スタッフ一同、感謝の気持ちでいっぱいです。 しかし、ここからが本当の歩み出しです。 このプロジェクトを進めていくうちに「新たな公共」ということばが脳裏をよぎりました。個人の所有するもの…

続きを読むread more

達成まであとわずか

CF残り7日 あとほんの少しで達成いたいます。 最後までご支援、ご声援よろしくお願いいたします。 だんだと責任の重さを感じると同時に、わくわくした愉しみも感じてきました。 https://readyfor.jp/projects/cembalo

続きを読むread more

器楽教育の有用性についてうれしい研究成果が発表されました

Tribune de Genèveというジュネーブの新聞にこんな記事をみつけました。 おおまかな内容を訳しました。とっても嬉しい研究です。 子どもの発達に対して器楽(弦楽器)が有用であるという神経科学の分野からの研究結果が明らかになりました。オランダ人ヴァイオリニストで神経科学研究者でもあるClara Jam…

続きを読むread more

ウルビチャの日曜日

CFも残り9日となりました。あと一息です。引き続きご支援、ご声援よろしくお願いいたします。 https://readyfor.jp/projects/cembalo 代表からのレポートです ウルビチャ村滞在5日目は日曜日。ファゴットの先生の案内で「リオ・ブランコ(白い川)」と隣村「ヤグアルー」への散策で…

続きを読むread more

新着情報:代表、ウルビチャ村へ入る

代表がボリビア、ウルビチャ村に入り2日目。 ヴァイオリンを弾くのは、ここの音楽学校のファゴット教師の娘さん、アツミちゃん。ヨーロッパから持参した支援の楽器を手にする子ども達。出会う人々はみな人懐こい素敵な笑顔。音楽学校の広い敷地には織物の専門学校も。 慣れない環境、スペイン語に戸惑いながらも頑張っているようです! 詳し…

続きを読むread more

バロック音楽の愉しみ~チェンバロお披露目コンサート~優先予約のお知らせ

新しいチェンバロのお披露目コンサートです。2本のフラウト・トラヴェルソ、バロック・ファゴット、チェンバロによるアンサンブル、ソロとさまざまな楽曲でバロック音楽をお楽しみいただくプログラムを予定しています。 このコンサートはクラウドファンディング成立後に開催が決まりますので、3月29日まではチケットの優先予約受付けのみとなります。開…

続きを読むread more

残りは目標の3分の1となりました。ありがとうございます

3月5日、秋田魁新報に代表の記事が掲載されました。有料記事かもしかもしれませんが、URLを貼り付けておきます。 また、クラウドファンディングは70%を超えました。あと一息、頑張りますので、みなさまもご支援よろしくお願いいたします。 https://www.sakigake.jp/news/article/20190305…

続きを読むread more

未来への投資

新着情報 代表がボリビアのウルビチャ村でなぜオーケストラなのか 「ふるさとにバロック音楽をひろめ隊」代表の冨永は、3月10日から3週間ほど支援物資とファゴットを携えてボリビアのウルビチャ村に入ります。グアライヨ族の18人の青少年たちにファゴットを指導するためです。水道はほぼ完備しているけれど電気は点いたり消えたりの状態で、…

続きを読むread more