ハッピーイースター!

本日はイースター。日本の全人口1パーセント以下の人々にしか関係のないことかもしれませんが、とりあえずキリスト教国は復活祭休みなのです。

イースターといえば、たまごとうさぎ。
いろいろなチョコレートが詰まった大きな卵型チョコレートに華やかなリボンがかけられ、チョコレート屋さんの店先を飾っていたことを懐かしく思い出します。

日本にはなかなかなさそうで、イースターらしきウサギの付いたチーズケーキ??を見つけました。

画像



画像

                イースターエッグ、教会の手作りサークル方による製作です。

◆イースターエッグとイースターバニーについてはWikiから転載します。

復活祭に殻に鮮やかな彩色を施したり、美しい包装をしたゆで卵を出す習慣である。国や地域によっては、復活祭の際に庭や室内のあちこちに隠して子供たちに探させるといった遊びもおこなわれる。近年では卵だけでなく、卵をかたどったチョコレートも広く用いられている。これはもともとヒナが卵から生まれることをイエスが墓から出て復活したことに結びつけたもの、および冬が終わり草木に再び生命が甦る喜びを表したものといわれている。英語圏やドイツではイースター・バニーが運んでくる(または産む)ものとされているが、フランスやイタリアでは教会の鐘が運んでくるものとされている。


英語圏やドイツでは、ウサギをかたどったチョコレートやパンが作られる。ウサギは多産なので生命の象徴であり、また跳ね回る様子が生命の躍動を表しているといわれる。あるいは、うさぎの目が、月を思い起こさせ、月は欠けて見えなくなっても、また新月から三日月、そして満月となることからやはり復活を表すものとして、キリストの復活のシンボルとされている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック